Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

赤井英和、恩を「1000倍返しだ!」日本ボクシング連盟普及委員で

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 日本ボクシング連盟は25日、オンラインで記者会見を行い、男子普及委員に就任した元プロ、アマボクサーで俳優の赤井英和(61)が抱負を語った。赤井は、母校近大の後輩でもある同連盟の内田貞信会長から要請を受け「これでボクシングに恩返しできるんじゃないかと、うれしく思った」と二つ返事で受諾したことを明かした。  1980年モスクワ五輪の代表候補だった赤井は、日本のボイコットでプロ転向。当時の日本記録となるデビューから12連続KOを記録し“浪速のロッキー”と呼ばれた。2度目の世界戦を控えた85年の前哨戦でKO負けし、脳挫傷などの重傷を負って引退。芸能界へと転身した。母校の近大ボクシング部では名誉監督を務めている。  「ボクシングに出会えて今がある。俳優として31年間生きているが、デビューもボクシングを題材とした『どついたるねん』。ボクシングに恩返ししたいという気持ちがずっとあった」と赤井。恩返しへの強い思いは、自身も前回シリーズに出演したTBS系人気ドラマ「半沢直樹」の決めぜりふになぞらえて「1000倍返しだ!」と決めた。  普及委員としては「競技する人も増やしたいし、アマボクシングというすばらしい競技に興味を持ってもらいたい」と、コロナ禍の状況を見ながら試合会場へ足を運んだりイベントに出演したりして、競技人口や認知度の底辺拡大を目指す。同連盟では女子の強化、普及委員にお笑いコンビ、南海キャンディーズの「しずちゃん」こと山崎静代(41)が就任。赤井は「ボクシングを広めるために、2人でどつき漫才をしようかなと思ったりしました」と言い、「(オファーがあれば)やりまっせ。それもオモロイかなと。広くすばらしい競技だと(知ってもらい)多くの人に見ていただきたい」と話した。

【関連記事】