Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

劇場版『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』東京国際映画祭に出展へ 京アニが制作

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 京都アニメーション制作の新作アニメ映画『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』が、アジア最大級の映画祭のひとつ『第33回東京国際映画祭』(TIFF 期間:31日から11月9日まで)に出展されることが決定した。上映日時は、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズにて11月6日午後7時から。 【動画】ハンカチの用意を…ヴァイオレットの表情に思わず涙 公開された新PV  作品の公式サイトでは、「第33回東京国際映画祭のジャパニーズ・アニメーション部門にて、『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の出展が決定いたしました」と報告している。  先月18日に公開され、興行収入11億円を突破(5日発表)している同作は、暁佳奈氏によるライトノベルが原作で、『第5回京都アニメーション大賞』小説部門で大賞を受賞し、2018年1月~4月にテレビアニメが放送。かつて「武器」と呼ばれた少女、ヴァイオレット・エヴァーガーデンが、大戦終結後、相手の想いをすくい上げ、手紙を書く代筆業「自動手記人形」という仕事を通して描かれる、感情を持たない彼女が“愛”を知るまでの物語。

【関連記事】