Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ノア3兄弟&セレナには下取りでも勝てない!? ステップワゴンの残価は5年で50%

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MOTA

あの時、超流行ったクルマって今一の体いくらの値打ちがあるんだろう? なんてオーナーじゃなくとも気になるモノ。 ■オデッセィ&CR-Vがなけりゃステップワゴンは生まれなかった! 懐かしのクリエイティブムーバーを一気見 この企画はテレビでよくある“あの人は今”のクルマ版的な感じで昔流行ったクルマの“今”(買取相場)をお届け。今回は、ノア3兄弟&セレナに押され気味のホンダ ステップワゴン!

今とは立場が逆!? 初代は独壇場だった

オデッセィやCR-Vといったいわゆるホンダのクリエイティブムーバー作戦の第3弾として1996年にデビューした初代ステップワゴン。オデッセィに続いてステップワゴンもそれまでの商用車ベースのミニバンとは打って変わって、乗用車をベースとしており、普通のクルマ感覚で運転できるとあって大ヒット。 当時ライバル車種はセレナ(バネットセレナ、のちにセレナ)とノア(ライトエースノア/タウンエースノア)であったが、それらに大きく差をつけるほどの人気っぷりであった。現在はトヨタのノア三兄弟やセレナに押され気味ではあるが、これまで150万台以上を売り上げたホンダを代表する1台だ。 そんな現行ステップワゴンの下取り価格はどの程度のものなのか? 今回は2017年9月に行ったマイナーチェンジ前のスパーダにフォーカスして、今の価値をご紹介する。

ライバルより低い……残価6割弱!

今回はよりリアルな情報をお届けすべく、走行距離5~10万キロの個体に絞って見ていく。 売れ線グレードであった2015年式のスパーダ クールスピリットは走行距離5~6万キロの個体で160~170万円で取引されている。新車当時の価格が289万円だったことから、現在でも約59%の価値が残っている計算になる。 同条件でベースグレードのスパーダを見てみると140~150万円とクールスピリットに比べると少々値が落ちてしまうイメージだ。こちらは新車価格が272万円であったため、現在の価値は55%という計算に。 加えて10万キロ以上の過走行車両はというと、12~14万キロの個体で70~80万円で買い取られてるという。 まだまだモデルチェンジのウワサもないため、当面は現行モデルの販売を継続するハズ。それだけに、後期モデルに乗り換えるのも手かもしれない。 【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

MOTA編集部 木村 剛大

【関連記事】

最終更新:
MOTA