Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

イニエスタが子供たちと交流 36歳の抱負は「神戸に新たなタイトルを」

配信

デイリースポーツ

 J1神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)が15日、自身が運営するサッカースクール「Iniesta’s Methodology(イニエスタメソドロジー)」の生徒計55人と「オンライン教室」を行った。  オンライン教室は新型コロナウイルス感染症拡大の影響によってスクールが休講となり練習が行えない中、生徒のモチベーションを上げるため、交流を図る教室の開催をイニエスタ自身が発案し、実現した。  11日に36歳の誕生日を迎えたイニエスタは「1年の抱負」について問われると、「練習を早く始め、皆さんをプレーで楽しませること。そしてクラブに新たなタイトルをもたらすこと」と宣言。スクール生に対しても「スクールでも早く練習を再開して、みんなと会うこと、成長を見ることが目標」と語りかけた。  6歳の生徒からは「将来はヴィッセル神戸ではなくサンフレッチェ広島に入り、イニエスタ選手と勝負したいです。それまでヴィッセル神戸にいてもらえますか」という“仰天要求”も飛んだ。イニエスタは「約束できるのは自分が精いっぱい現役を長くすること。君が16歳の時には僕はもう46歳なので、なるべく早く選手になってください。それまで楽しみにしています」と優しく答えた。

【関連記事】