Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今こそ欲しい孤高の存在=2ストロークネイキッド【’80年代名車購入ガイド】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

日本車の絶頂期だった’80年代の名車たちに“高騰”の波が押し寄せている。超プレミアマシンと化した’70年代車のような状況ではまだないものの、現実的な価格で入手できる時間的猶予はそう長くないだろう。本記事では、レーサーレプリカのカウルを剥がすことで後のネイキッドとの祖となった、2ストロークマシンの状況をレポートする。 [関連写真×12枚]今こそ欲しい孤高の存在=2ストロークネイキッド【’80年代名車購入ガイド】 ※本記事に掲載されている車両価格等は、取り扱い店舗における’20年6月時点の情報です(関連写真提供:グーバイク)。

一代限りの軽量ビンビンスポーツネイキッド

レーサーレプリカのカウルを剥がすことで、隠されていたエンジン+チャンバー、フレームが現れ、むき出しの機能美を見せつける。まさに「ネイキッド」の元祖となった2ストマシン群は、いまではあり得ない個性のカタマリだ。カウルレスによって車体は一段と軽量化を促進。加えてアップハンドルを与え、公道での振り回しやすさはレプリカより一枚も二枚も上回る。  そんなマニアックな連中において、とりわけトガッているのがヤマハの「SDR」。ケースリードバルブの195cc専用シングルを、デルタボックスの形状をパイプで再現したような美麗スチールトラスフレームに搭載する。最高出力は34psとやや控えめながら、当時の’87 TZR250(1KT)より21kgも軽い乾燥重量105kgをマーク。開発中の参考データによると、TZR250を上回る加速性能を見せたという。  SDRは一代限りの短命に終わったが、恐らく二度とこれほどストイックな刺激は味わえない。何かを感じた人にぜひ乗り継いでもらいたい。

ヤマハ SDR:105kgの超軽量マシン

シンプルな外観ながら、走りを追求したツウ好みのFUNスポーツ。心臓はTZR125の水冷単気筒をベースに、内径66×行程57mmに拡大して195cc化。これを耐腐食性と質感が高いTCメッキを施したトラス構造のフレーム&リヤアームに積む。軽さは圧倒的で、常用域の速さは抜群だ。メーターは速度計のみ、ソロ仕様と割り切った造りも見事。 〈写真01〉【’80 YAMAHA SDR】■水冷2スト単気筒クランクケースリードバルブ 195cc 34ps/9000rpm 2.8kg-m/8000rpm ■105kg(乾) ■F=90/80-17 R=110/80-17 〈写真02〉贅肉を削ぎ落とし、とにかくスリム。車格も125cc並みにコンパクトだ。

【関連記事】