Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Official髭男dismがファンに贈った“今一番観たい”オンラインライブ「また絶対元気に会いましょう!」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
音楽ナタリー

Official髭男dismが昨日9月26日にオンラインライブ「Official髭男dism ONLINE LIVE 2020 -Arena Travelers-」を実施した。 【写真】藤原聡(Vo, Piano)(撮影:溝口元海[be stupid])(メディアギャラリー他6件) 開演時刻の20:00を迎えると、配信画面に映し出されたのはライブへ向けた準備を進めるスタッフたちの姿。彼らの力で整えられた東京・東京ガーデンシアターの舞台の上、ライブタイトルが掲げられたサインボードに光が灯ると真紅の幕が開き、松浦匡希(Dr)の打ち鳴らす力強いドラムの音を合図に4人は「HELLO」で公演をスタートさせた。 藤原聡(Vo, Piano)が力強く拳を掲げると、2曲目の「宿命」へ。高らかに鳴り響くブラスサウンドを背に受ける藤原のボーカルは、ぐんぐんと熱を帯びていく。曲終わりの花火の特効が視聴者を驚かせたと思えば、続く「ノーダウト」のイントロではテープキャノンが勢いよく放たれ、オープニングから華やかな演出を連発して視聴者を引き込んでいく4人。その表情は晴れやかで、彼らは時折アイコンタクトを取りながらグルーヴィなバンドアンサンブルを紡ぎ出し、楽しげに体を揺らす。小笹大輔(G)は頭上でハンドクラップをしてファンを自分たちのパフォーマンスに巻き込んでいった。 最初のMCでは、ヒゲダンにとって初めてのオンラインライブである今回の公演にかける思いを藤原が代表して視聴者に伝える。彼は「本来回るはずだったアリーナツアーの内容に、配信ならではの工夫を混ぜて作りました。とにかく観てくれた人全員に音楽の楽しさを伝えられるように」と語り「自分たちもひさしぶりのライブを楽しんで、それが伝わればいいなと思います」と言葉に意気込みをにじませた。 小笹の繊細なギターの音色が藤原の歌う感情の機微を一層際立たせた「ビンテージ」では会場の空間いっぱいにちりばめられた照明がきらめき、星空の中で4人が演奏をしているかのようなロマンチックな演出が視聴者の目を奪う。メロウなサウンドに柔らかで切なさのにじむボーカルが乗る「Rowan」はフィルムのハンディカメラで撮影したようなレトロな質感の映像演出が施され、楽曲の世界観がより濃密な形で表現された。藤原がMCで語った通り「配信ならではの工夫」を駆使して次々と曲を届けていく4人。藤原の優しいピアノソロを合図にスタートした「イエスタデイ」では雨粒がカメラレンズを打つ映像演出と光の粒が乱反射するミラーボールの効果が、清らかで壮大な曲世界を表現する4人の姿をまぶしく照らした。 藤原による遊び心にあふれたトークボックスのイントロから始まった「たかがアイラブユー」では、彼のスキルフルなボーカルワークが炸裂。盤石のバンドサウンドの上で豊かな歌声を響かせた藤原は、続くMCで「自分がお客さんになったとき、今一番観たいオンラインライブができている自信がある」と胸を張った。そして「今回のオンラインライブを“通常のライブの代わり”にはしたくない」という思いのもと、準備を進めてきたことを明かす。藤原は「とにかく今日は曲を聴いてもらおうと思っていて。ここからまた、音楽の楽しさをしっかりと伝えていこうと思います」と視聴者へ向けて語りかけた。 「僕らの思いを受け取ってくれたら、このオンラインライブがバンドとみんなとの思い出の大切な1ページになる。そんな思いを込めてこの曲を、後半戦の1曲目に届けます」という藤原の言葉と共に届けられたのは「115万キロのフィルム」。7色に輝くスポットライトに照らされながら甘い歌声を届けると、藤原はマイクスタンドから勢いよくマイクを外し、バンドは勢いのままに「異端なスター」へとなだれ込んだ。藤原は「後半戦も盛り上がっていきましょう!」と叫び、4人は目の前にファンがいるかのような煽りで視聴者を楽しませる。そして、続く「旅は道連れ」では4人全員がボーカルを担うスペシャルなパフォーマンスが展開。ベースをサックスに持ち替えた楢崎誠(B, Sax)のリードでカメラは松浦や小笹、藤原を次々とクローズアップし、彼らは楽しげなマイクリレーを披露する。終盤にはホーンセクションのサポートメンバーも続々とステージの最前線へ。大きな円を描き、笑顔を交わしながらセッションする彼らのハッピーなムードは、弾むようなサウンドと共に視聴者を存分に楽しませた。 ビッグバンドジャズのゴージャスなサウンドに藤原のパワーボーカルが冴え渡った「夕暮れ沿い」が届けられると、ステージ上のムードは一変。物々しいナレーションと共に小笹のシルエットが逆光に照らされたかと思えば、彼の立つステージの一部分がぐんぐんとリフトアップした。1人ステージのはるか高くまで上昇した小笹は「コロナウイルス、燃やし尽くしたろうぜー!」と絶叫し、エッジーなギターサウンドで「FIRE GROUND」の口火を切る。ファイヤーボールが次々と上がる灼熱のステージの上、「オイ! オイ!」と拳を掲げる4人。間奏では楢崎の「これがうちのキーボードとギターじゃ!」という声に藤原と小笹が応じ、ショルダーキーボードとエレキギターで対峙する激しいセッションを展開してみせた。 ステージ上のメンバーのテンションが最高潮まで高まったのち、続けて届けられたのは「Stand By You」。普段のライブならばファンの力強いシンガロングがバンドの演奏を彩るこの曲では、息の合ったクラップで4人の音に応えるオーディエンスの映像がステージ上のビジョンいっぱいに映し出されるシーンも。藤原は“目の前”の1人ひとりに訴えかけるようにフロアへ手を伸ばしながら歌い、配信ライブでバンドとファンがつながるこの日の状況とも重なるような「たとえ僕ら遠く離れた場所へ行こうとも 変わらずにいたいよな?」というパートでは、ありったけの思いをひと言ひと言に込めた熱い歌声を、力強い眼差しと共にカメラのその先へと届けた。 「もっともっとライブをしていたいし、このチームでツアーを回って楽しむ時間を紡いでいきたいと思うけど……それは屈託なく楽しめる環境になってから体感できるように。そんな日は絶対に来ると思っています」。最後のMCで、藤原は願いを込めるように思いを口にした。「(自粛期間中は)曲を聴いて応援してくれている皆さんの存在が光だったし、そんな皆さんに何を返していけるかを考えたとき、よい音楽、ライブを届けるのが僕のやるべきこと。またみんなと会えることを楽しみにしているので、それまでどうか元気に過ごしてください!」と彼が伝えたのち、4人はバンドの代表曲となった「Pretender」「I LOVE...」の2曲をまっすぐに届ける。ラストを飾った「ラストソング」では客席に無数の光が灯り、その光はオーディエンスの存在を感じさせるようにリズミカルに揺らめいた。全19曲のメッセージをしっかりと画面の向こう側へ伝えきったヒゲダン。ステージ上の幕が下ろされる中、藤原は最後に「本当にありがとうございました、また絶対元気に会いましょう!」と思い切り叫んでいた。 本公演は、10月3日(土)23:59までアーカイブ配信中。チケットは10月3日18:00まで購入可能となっており、チケット購入者は見逃し配信およびオーディオコメンタリーも楽しむことができる。また、各配信サイトではこの日のライブのセットリストで作成したプレイリストが公開されたので、ファンはこちらもチェックしてみよう。 ■ 「Official髭男dism ONLINE LIVE 2020 -Arena Travelers-」2020年9月26日 セットリスト 01. HELLO 02. 宿命 03. ノーダウト 04. パラボラ 05. ビンテージ 06. Rowan 07. 夏模様の猫 08. イエスタデイ 09. Laughter 10. たかがアイラブユー 11. 115万キロのフィルム 12. 異端なスター 13. 旅は道連れ 14. 夕暮れ沿い 15. FIRE GROUND 16. Stand By You 17. Pretender 18. I LOVE... 19. ラストソング ※楢崎誠の崎はたつさきが正式表記。

【関連記事】