Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

WOMEN IN POLITICS 世界で活躍する女性政治家たち 蔡英文 中華民国(台湾)総統

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
選挙ドットコム

こんにちは!NO YOUTH NO JAPAN です! 私たちは若い世代から参加型デモクラシーを根付かせるために、政治や社会について分かりやすく発信しています。 今回から始まる、NO YOUTH NO JAPAN の新連載「WOMEN IN POLITICS ~世界で活躍する女性政治家たち~」では各回1人、政治を舞台に活躍する女性を紹介していきます。世界全体でも3割に満たないと言われる女性の政治家。まだまだ十分に男女平等が達成されない世界の中でも、「女性」という枠にとらわれず、社会を引っ張っていく政治家たちの知られざる素顔に迫ります。一主権者として、また、未来の担い手である若者として、自らの代弁者となる政治家をどのように選んでゆくべきなのか。政治に関わる一人ひとりの人間の思いを知り、政治について、政治参画について、考えるきっかけを提供していきます。

今回は、今年1月に史上最多得票(817万票)で中華民国(台湾)総統に再選した蔡英文(さいえいぶん)総統を取り上げます。 新型コロナウイルス対策においても早期に対策を開始し、その成果が評価されました(5月14日時点で感染者440人、死者7人)。連日の報道で彼女を見かけることも多かったのではないでしょうか。実は政治とは縁の無い家系に生まれ、学者から政治の世界に足を踏み入れた経歴をもつ彼女が、どのようにして世界と渡り合う台湾の最高指導者となったのか。そしてなぜ彼女の政治に対する姿勢が多くの台湾の人々に支持されるのかに注目していきます。

まちがってジャングルに跳び込んだ白ウサギ

蔡英文総統は、政治家になる前は国際貿易などを主な分野として研究する学者で、ロンドン大学政経学院大学院で博士号を取得したのち、台湾の国立政治大学で教鞭を執っていました。その後、友人に依頼されて入った経済部(日本の経済産業省に当たる)や行政院大陸委員会(当時の名称、対中問題を扱う政府機関)等を経て、2004年民進党に入党し、2008年に民進党の党首となりました。2016年に台湾史上初の女性総統に選出され、今年1月、再選を果たします。

【関連記事】