Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

尿の色も熱中症対策のポイントに? コロナ対策でマスク着用が当たり前になった社会で気をつけるべきこととは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 全国各地で猛暑日が続く中、コロナ対策と同時に熱中症対策の両立を迫られている。マスクは常に装着していなくてはいけないのか。冷房と換気の割合は。13日の『ABEMA Prime』では、そんな素朴な疑問について、感染症に詳しい愛知医科大学病院の後藤礼司医師に聞いてみた。 【映像】真夏に役立つ“正しいマスクの使い方“を専門医が解説 Q.熱中症と新型コロナウイルス感染症の症状は似ているという話もある。 A.熱中症の症状には「めまい・手足のしびれ・頭痛・吐き気・倦怠感・意識消失・けいれん・体が熱い」といったものがあるが、これらは新型コロナウイルス感染症かとも共通しているので、見分けるのは困難だ。頭痛や全身倦怠感は体調が悪い時に出てくるものなので、基本的には全ての症例について“コロナかもしれない”と疑わないといけない状況だ。医療機関としては発熱がある場合、コロナのチェックをせずに入院をさせることは難しいし、最終的には検査に回っているのが現場の状況だ。医療関係者の負担は大きい。

Q.総務省消防庁の統計によれば、今月3日~9日の搬送者のうち、高齢者(満65歳以上)が約6割を占めている。コロナでは高齢者が重篤化しやすいとされているが、熱中症では。 A.同様だ。これがいわゆる“老化”が、高齢の方ほど、口の渇きなど身体の中から水分なくなっていく状況を感じにくくなっている。汗をかきすぎて発熱している脱水症を合併している場合、腎臓などの臓器がやられてしまうなど重症化しやすく、入院が必要になってくる。 そうした重症化を抑制する意味からも、水分補給が重要だ。冬場にインフルエンザが流行する時期にも“お茶を飲んでくださいね”とよく言われると思う。これは緑茶の成分の作用もあると言われているが、それ以上に喉の粘膜を潤わせておくということが感染防御の点で必要なことだ。 Q.換気と冷房の関係については。 A.冷房をつけながら窓を開けておく必要があるかというと、答えはノーだ。暖房をつけている場合と同様、1時間に10分程度の換気をしたほうがいいとされている。また、換気だけが全てではない。感染の可能性がある人が家にいるときなどは重点的にやるべきだが、寝ている間などは難しい。そういう場合は距離を取って寝る。部屋を変えるといった形でも対策はできる。

【関連記事】