Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Google Chromeの「サードパーティCookie終了」まで後1年半。マーケターがとるべき対応とは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Web担当者Forum

Google ChromeでサードパーティCookieが段階的に排除されると、2020年1月に発表され話題となった。デジタルマーケティングに影響を与えることは必至であり、今後の対応について悩ましく思っている人も少なくないだろう。 「Web担当者Forum ミーティング 2020 春」に登壇した、プリンシプルの中村研太氏は、すでにサードパーティCookieをブロックしているITPや排除への動きの発端となったGDPR、CCPAなどについても説明し、今後、事業者やマーケターが今後とるべき対応について解説した。  

激震! サードパーティCookieのサポート終了の影響とは

2020年1月、「GoogleがサードパーティCookieのサポート終了を発表した」というニュースが、日経新聞の一面に取り上げられ、大きな話題となった。 情報ソースは、Google Chrome(以下、Chrome)の開発者ブログである「Chromium Blog(クロミウム ブログ)」だ。ブログには、Chromeが今後目指す方向性が示され、サードパーティCookieのサポート終了はその一部として書かれていた。Chromeが目指す今後のインターネットとは、「個人情報保護を前提として、広告に支えられた無料のインターネット世界(ad-supported web)を維持できる」という考えに基づき、「新たなエコシステム」を構築しようというものだ。 この発表では、サポートの終了時期は明示されていないが、2022年1月頃には、サードパーティCookieのサポート終了が予測されている。つまり、今後1年半をめどにマーケターをはじめ、各担当者はChromeが目指している「新たなエコシステム」へ対応する必要である。 なぜサードパーティCookieのサポート終了が話題になったのだろうか。そもそも、Cookie(HTTP Cookie)とは、Webサーバーとブラウザの間でデータをやりとりする仕組みの1つで、Webサイトが発行する情報をブラウザに保存できる。たとえば、ログインの維持や検索条件の保存、カート情報の維持などだ。 Cookieには、「どのドメイン名のCookieか」という情報が含まれている。たとえば、訪問しているWebページのアドレスバーに表示しているドメイン名と、Cookieに紐づいているドメイン名が同じならば「ファーストパーティCookie」と呼ばれる。このCookieはお気に入り機能やSNS連携、その他パーソナライズなどにも活用されている。 そして、それ以外のドメイン名からのものが「サードパーティCookie」と呼ばれる。これは、複数のサイトを横断して閲覧を追跡記録できる。そのため、解析ツールや広告のCVトラッキング、広告のターゲティングなどに使われてきた。 このサードパーティCookieを「ユーザーのプライバシー保護の観点からサポート停止する」と、Chromeが発表したことにより、CVの計測やリターゲティング広告にCookieが使用できなくなり、リマーケティングやリターゲティングもできなくなるというので話題になった。