Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナが明けたらまず行きたい? みんな大好き「食べ放題」の歴史を振り返る

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
アーバン ライフ メトロ

ルーツは1980年代初頭?

 新型コロナウイルス感染拡大による非常事態宣言で、都内の多くの飲食店は休業するなど食べ歩きもままなりません。 【画像】コスパ最強との呼び声高し! ぜいたく「カニ食べ放題」の画像をじっくり見る(計5枚)  食べたいときに食べたいものを、思いきり食べることがいかにありがたかったのか――改めてこのことを感じつつ、今は我慢しながら「収束したら、あれを食べよう、これを食べよう」と毎日考えています。  今や、東京の街中で「食べ放題」という文字を見かけない日はありません。非常事態宣言下にあっても「ライス食べ放題」などを打ち出し、客の減少に歯止めを掛けようとしている店もあります。どこまで行っても、人は「食べ放題」という文字に心を躍らせてしまうのでしょう。  そんな食べ放題ですが、実はバブル景気崩壊後に本格化し、30年あまりのときを経て熟成された食文化なのです。  もともと、食べ放題がいつどこで始まったのかは明らかではありませんが、食べ放題やバイキングという言葉をキーワードに過去の雑誌を読み込んでいくと、1980年代初頭の若者向け雑誌でそのような記事がちらほらと特集され始めていたことがわかります。

当時は「一種のキワモノ扱い」だった

 当時の食べ放題は、決して多くの人が受け入れるようなものではありませんでした。主なターゲットは食いしん坊な男子高校生や大学生で、ようは「質よりも量」を求める若者たち向け。  そのため世間の食べ放題に対するイメージは、「たくさん食べられるけれども、質は悪いし、大しておいしくない」だったのです。『週刊プレイボーイ』1982年10月5日号では、「<大盛・食べ放題>の店・チャレンジガイド」という記事を掲載しています。  この記事、タイトルには食べ放題とは書いていますが、大盛りチャレンジメニュー系が中心。シニカルな書き方を是とする当時の風潮もありますが、そうしたメニューに対するスタンスが独特です。 「オエーッ<2Lスープ>の責め苦!!」 「70分で餃子124個食うって、人間!?」 と、今だったら取材した店からクレーム必至の言葉が並びます。  しかし、これは当時の風潮を如実に表しています。大盛りや食べ放題は、食文化の中でも一種のキワモノ扱い。オシャレさなどかけらもなかったのです。

【関連記事】