Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【独占】メルカリ山田進太郎社長が語る「ベンチャーは一回死んだら終わりのゲーム」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

フリマアプリ大手のメルカリの2020年6月期の連結決算は、売り上げが前年比で48%増の762億円となった。兼ねてから注力していたアメリカ市場では、GMV(流通取引総額)が前年比で88%増の成長を達成し、月間GMVは初めて1億ドル(約105億円)を突破した。 【全画像をみる】【独占】メルカリ山田進太郎社長が語る「ベンチャーは一回死んだら終わりのゲーム」 勢いづくメルカリが狙う次の一手を、代表取締役CEO(社長)の山田進太郎氏に聞いた。

「Go Bold」の裏の「コンサバティブ」経営

「慎重に」「緊縮的な経営で」「コンサバティブに」。 過去最高となる売上高を叩き出したメルカリの決算発表。その数日後、人気の少ない六本木ヒルズ内のオフィスで山田氏に対面すると、その口からは、Go Boldを掲げてきたメルカリらしからぬ慎重な言葉が多く飛び出した。 “勝負の年”と位置づけたメルカリの2020年6月期の決算は、三本柱である「メルカリ」「メルペイ」「US市場」の各事業が着実に成長。連結での売上高は前年比約5割増の762億7500万円、日本においては月間アクティブユーザー(MAU)が前年比約3割増の1745万人を記録した。 その一方で山田氏は、2020年の1年は緊縮的な経営を続けていくと語る。その大きな理由の一つが、コロナ禍でより一層高まった市場の不透明性だ。 実際、メルカリのGMVが大きな伸びを見せた時期は、緊急事態宣言中と重なっている。決算資料によると、1月から3月にかけては、前四半期の伸びと比較して一時的に取引総額の成長の鈍化が見られるが、4月から6月にかけて数値が大幅に上昇している。 「在宅シフトの影響で(ユーザーの)お金を作りたいという思いが高まったことと、思ったよりも人々の消費マインドが薄れなかった」と山田氏は振り返る。 「1年とか3年くらいの成長のスパンが3カ月くらいに圧縮されてガッと成長した、という感覚。けれど今後はどうなるか分からない。数字を慎重に見ながら、抑えられるコストを抑えて、“セーフモード”な経営を継続していく」(山田氏)

【関連記事】