Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

河井克行容疑者が首相補佐官時代、ホワイトハウスから“出禁”を食らったワケ

配信

デイリー新潮

「目立ちたがり屋」の批判

 周知のように、公職選挙法違反容疑で、前法相の河井克行[広島3区](57)、妻で参院議員[広島県選挙区]の河井案里(46)両容疑者が逮捕された。前代未聞の事態に、自民党内からも怒りの声が上がっているようだ。 【写真】ラムネ片手に笑顔を振りまく「河井夫妻」  ***

 毎日新聞は7月2日、「河井・前法相夫妻:1.5億円、自民内波紋 重鎮ら憤り 河井夫妻に提供」の記事を朝刊に掲載した。内容の一部をご紹介しよう。(註:全角数字を半角数字に改めるなど、デイリー新潮の表記法に従った、以下同)。 《(編集部註:河井夫妻が)支部長を務める政党支部に自民党本部が提供した計1億5000万円が、党内に波紋を広げている。執行部はさらなる党員獲得を指示するが、所属議員らは「それどころではない」と悲鳴を上げている》 《「今どき票をカネで買うということがあっていいわけがない」。自民党の石破茂元幹事長は1日、テレビ朝日の番組で河井夫妻を批判した》 《6月30日の自民党総務会では、党員120万人獲得を目指す運動方針を提案した執行部に対し、村上誠一郎・元行政改革担当相や石原伸晃元幹事長らベテランが「どういうカネなのかしっかり説明しないと党員獲得どころか、やめる人が続出している」などと突き上げる場面もあった》  事件は夫の克行容疑者が主導的役割を果たしたとされる。改めて、彼の経歴を確認しておこう。  1963年3月、広島県三原市に生まれ、広島学院中学校・高等学校を経て、85年に慶應大学法学部を卒業した。  その後、松下政経塾に第6期生として入塾、卒塾すると地元に戻り、91年に広島県県議会選挙で初当選を果たした。  93年に衆院選に自民党公認で出馬するが落選。96年に再挑戦し、リベンジを成し遂げた。そして2012年の自民党総裁選では安倍晋三首相(65)を支持。17年の総選挙では7回目の当選を果たした。  河井克行という政治家が、一般の有権者にも知られるようになったのは、19年9月、法務大臣に就任した時だろう。  新内閣が発足し、新しい閣僚の顔ぶれが明らかになると、日刊紙や通信社は「閣僚横顔」の記事を掲載する。ところが、この時、一部の大手全国紙は、河井容疑者の記事に相当嫌味な一文を忍ばせている。  朝日新聞(「第4次安倍再改造内閣 閣僚の横顔」:9月12日)は、《ワシントン訪問は30回を超え、米議会に幅広い人脈を持つが、畑違いの法相としての力量は未知数だ》と評したが、これはまだ可愛い方だ。  時事通信(「閣僚横顔=第4次安倍再改造内閣」:9月11日)は、《党内からは「協調性に欠ける」との評もあり》と人間性に疑問を示し、読売新聞(「第4次安倍再改造内閣 閣僚の横顔」:9月12日)に至っては《党内からは「目立ちたがり屋」とやっかむ声も》と辛辣だった。  当然ながら、本人も記事をチェックしている可能性が高い。時事や読売はずいぶんと思い切ったことを書いたが、今になって考えると、両社の報道はある意味、正確だったようにも思えてくる。

【関連記事】