Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

智弁和歌山・小林樹斗、自己最速151キロも4連打浴び「しっかり抑えないと」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 「高校野球和歌山大会・準決勝、智弁和歌山12-3日高」(5日、紀三井寺公園野球場)  智弁和歌山が七回コールド勝ちで6日の決勝進出を決めた。この日は阪神などプロ5球団が視察に訪れた中、プロ注目の智弁和歌山・小林樹斗投手(3年)が、緊急登板で自己最速を1キロ更新する151キロを記録。ただ、1回2/3を5安打1失点で2奪三振という結果を反省した。  「(151という)球速というより、抑えきれなかったので。(緊急登板でも)その中でも臨機応変にしっかり抑えないといけないので。感覚的には悪くなかったですけど、相手はまっすぐ一本で来てたところで、もう少し組み立てていければ良かったと思います」  予定では七回から登板だったが、2番手の矢田真那斗投手(3年)が、六回1死から連続四球を与えたところで急きょ登板。万全の準備ができていなかった中でのマウンドで、そこから直球を狙い打たれて4連打を浴びて失点する形に。それでも、七回は無失点で切り抜けた。  「しっかり勝ちきれたことは次につながるので、今日のことは今日のことで、明日に向けてしっかり準備したいです」と小林樹。同じくプロ注目の細川凌平内野手(3年)は「1番・遊撃」で出場し、3打数2安打2盗塁で勝利に貢献した。

【関連記事】