Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

田中みな実、CMギャラ3000万円突破で「電通案件」に格上げ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SmartFLASH

「このところ、田中みな実に関するクライアントからの問い合わせが、日を追うごとに増えているんです」 【写真あり】休憩中も真剣な表情でドラマの台本を抱えて移動する『田中みな実』  そう話すのは、某大手広告代理店のCMキャスティング担当者だ。 「出演依頼やギャランティの額など、現在の契約状況に関する問い合わせがほとんどですが、『うちの社長と対談できないか』『自社パーティの司会を依頼したい』というものも。なかには、『一緒に飲めないか』というものまで(笑)。とにかく、注目度が高い」(同前・以下同)  すでに大ブレイクを果たし、テレビで彼女の姿を見ない日はないほどだが、ことCM出演についてはこれからが “本番” なのだという。 「テレビ番組での露出量を考えれば、CM出演も、まだまだ伸びる余地があります。また、ここへきて彼女の『インパクト』や『女性への訴求力』を評価する声が増えている、という背景もあります」  そんな話を裏づけるのが2020年7月に、某大手広告代理店が主要なクライアント約2000社を対象におこなったアンケート調査。その「CMに使いたいタレント」の女性部門で1位を獲得したのが、田中みな実なのだ。 「バラエティ女王の指原莉乃や、若手女優の注目株・浜辺美波、清原果耶らを抑えての1位ですから、価値は高いといえます。  もともと彼女はアンチが多いキャラで、CM業界では『アナウンサーとしてもタレントとしても中途半端』というイメージでしたが、2019年に出演した『オープンハウス』のCMで、評価が一変しました。  最初は保健室の先生役としてのスポット出演でしたが、反響が大きく、年間契約になったそうです。2020年に入って一気に出演CMが増えたのは、ご存じのとおりです」  田中みな実を「使いたい」クライアントの声はーー。 「女性からの支持や影響力は、見逃せないものがある」(日用品メーカー) 「テレビCMだけでなく、雑誌やネットでもアピールできる」(アパレル関連) 「彼女が使ったり推薦する商品が、バカ売れしている現実がある」(食品メーカー)  といった高評価が並ぶ。 「CMクリエーターたちからも、『ドラマであんなに振り切った演技を見せられると、それを超えるCMを作りたくなる』『彼女をメインに、監督からスタッフまで、全員女性スタッフで撮影してみたい』なんて声が聞こえてきます」(前出・某大手広告代理店のCMキャスティング担当・以下同)  ただし、今の彼女が「CMに使いたいタレント」調査で1位に選ばれることは、ある程度予測されていたという。 「結果がわかっていたのなら、なぜこんな調査をおこなったのか? それは、田中みな実の『調整』のために、必要だったからでしょう」 「調整」とは何か? 「あるタレントにクライアントから殺到するCMの出演依頼を、広告代理店最大手である電通が仕切り役となり、『調整』することをいいます。これは、『電通案件』ともいわれ、広告業界内だけで通じる隠語なんですよ」

【関連記事】