Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

トラウマ児童文学や直木賞作品も プロの文筆家がおすすめする「親子で読みたい本」3選

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Hint-Pot

 今年は、特別な夏です。外出を自粛し、在宅で過ごすご家庭も多いでしょう。夏は知的好奇心を刺激するのにぴったりな季節。親子で同じ本を読んで、それぞれの感想を話してみるのも、忘れられない思い出になるかもしれません。どんな本が良いでしょうか? 13年間の闘病生活で、代表作「変身」で知られるフランツ・カフカの言葉が救いとなった経験から文筆家になり、著作物の出版やラジオ出演など幅広く活躍する、文学紹介者の頭木弘樹氏に「親子で読みたい本」について寄稿していただいた。 【画像】夏は成長の時期 どんな本が良いのでしょうか? 子どもたちが選ぶ「最強の本」とは?  ◇ ◇ ◇

文学紹介者の頭木氏がおすすめ 少し背伸びして直木賞小説も

 暑い夏は、読書に向かないようにも思えます。でも不思議と、夏の読書は一生の思い出に残ることがあります。  強い日差し、したたる汗、日陰、青空、セミの声……そんな情景とともに、本をめくった子ども頃の自分の姿が、大人になってからもふとよみがえったり……。親子で同じ本を読んで、それぞれに感じたことを語れば、後々までかけがえのない思い出となるかもしれません。  この夏、特におすすめの3冊をご紹介します。

○「少年と犬」馳 星周・著(文藝春秋)  7月に第163回直木賞を受賞したばかりの小説です。子ども向けの本ではありませんが、夏は成長の季節でもあります。少し背伸びをして、直木賞受賞作に挑戦してみるのもいいのでは。  東日本大震災で飼い主を失った犬が、仙台、富山、滋賀、島根、九州・熊本と壮大な旅をします。そして、その先々で、さまざまな事情を抱えた人たちと出逢います。さまよう犬と、傷付いた人間が出会う時、そこには特別な物語が生まれます。  それぞれの心に寄り添っていく犬……。動物が出てくるので子どもにもとっつきやすく、悲しみも描かれますが、温かさがあり、最後には震えるような感動が待っています。  作者の馳 星周さんは大型犬と25年も一緒に暮らしているそうです。犬のために、東京から軽井沢に引っ越しもされたそう。  私も子どもの頃、犬を飼っていましたが、噛まれてばかりで、実はあまりいい思い出はありません。それでも、子どもの頃の動物とのつながりというのは、大人になってからとはまた違う、特別なものがあります。  小説の中だけでも、ぜひ動物との心のふれあいを体験してほしいです。

【関連記事】