Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今一番気になる同世代俳優・松下洸平さんに質問vol.4~「お仕事について」|CLASSY.

配信

magacol

4回にわたってお届けしている「松下洸平さんに20の質問」シリーズ、いよいよラストとなる今回は「お仕事」について。今秋上演予定の待望の舞台『ベイジルタウンの女神』への抱負もいち早くお聞きしました。 今一番気になる同世代俳優・松下洸平さんに20の質問|ハマっていること、自分の性格、仕事について…

松下さんと「お仕事」について

Q16 俳優のお仕事だけでなく音楽活動もされていますが、 手応えや達成感を感じるのはどんな時? 「すべてに共通して言えるのは、終わった時。撮影中や公演中は自問自答の日々で、千秋楽やオールアップなど、すべてが終わった瞬間『あぁ終わったんだな』って。 でも頭の中では次の作品の事を考えたりもするので『達成感』はほんの一瞬かもしれません。その一瞬の達成感が僕はたまらなく好きです」 Q17 演技や音楽のお仕事をしていなかったら、 どんなお仕事をしていたと思いますか? 「小学生の頃、家族旅行で南の島に行った時にイルカウォッチングをしたんです。それがもう楽しくて楽しくて。現地のダイバーさんやクルーの人たちが最高に楽しそうで『大人になったらイルカウォッチングの人になる!』と本気で決めてました。音楽や芝居に出会っていなかったら、僕は今頃、南の島で『イルカウォッチングの人』になっていると思います」 Q18 9月にケムリ研究室 no.1『ベイジルタウンの女神』でケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)さんの新作舞台に初出演。 KERAさんの作品の魅力を教えてください。 「KERAさん作品はとにかくお洒落でインテリジェントです。緻密な人間関係や、壮大なテーマの中の日常的なセリフが共感をくれます。 時に『僕は今、何を見たんだ?』と思えるようなぶっとんだ作品もありますが、すべてが上品で、毎回、一ファンとして今回はどんなKERAさんの世界観が見れるんだろうとワクワクしながら劇場へ向かいます」 Q19 舞台俳優のキャリアは約10年、 松下さんにとっての舞台の仕事の魅力とは? 「舞台は僕の原点ですしHOMEです。 ありがたいことに映像の仕事も増えていく中で、今の僕があるのは間違いなく舞台での経験があったから。演劇に対するリスペクトは決して消えません。今後も舞台は続けて行きますし、逆に映像の現場で学んだことを板の上で試せたらいいなと思います」 Q20 今回の舞台で楽しみにしていることや抱負を教えてください。 「仲村トオルさんとは以前ドラマで共演させていただき、その後もKERAさんの作品で拝見し『いつかまた共演できるよう頑張らねば』と思っていたので、とても嬉しいです。『スカーレット』でご一緒した水野美紀さんも居てくださるので心強いです。 初めましての共演者の皆様とも、どんな航海になるかワクワクします。舵取りはKERAさん。 もう楽しいに決まってます! 『20の質問』、最後までご覧いただきありがとうございました。過去現在未来、僕自身も自分を改めて見つめる時間になりました。 では次回…『200の質問』でお会いしましょう(笑)!!」

【関連記事】