Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【RIZIN】井上直樹が9月大会で元谷友貴を指名、ファンからは「金太郎とやって欲しい」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ゴング格闘技

 2020年8月9日(日)神奈川・ぴあアリーナMMにて開催された『RIZIN.22-STARTING OVER-』の第6試合で、Fighting NEXUSバンタム級王者・渡部修斗(ストライプル新百合ヶ丘)を1R1分40秒、リアネイキドチョークで一蹴した元UFCファイターの井上直樹(セラ・ロンゴ・ファイトチーム)。 【写真】井上から対戦を望まれた元谷  試合後にはバンタム級四天王の一人である石渡伸太郎(CAVE)との対戦を希望したが、石渡は怪我が治りきっておらず榊原信行RIZIN CEOは「すぐには無理かな」との判断。  その後、井上は13日(木)に自身のSNSにて「9月試合できます、元谷選手どうでしょうか! お願いします!」と、同じくバンタム級四天王の一人である元谷友貴(フリー)との試合をアピールした。  元谷は10日に開催された『RIZIN.23- CALLING OVER -』に出場し、魚井フルスイング(和術慧舟會HEARTS)を3R2分19秒、ギロチンチョークで破っている。試合後のコメントでは今後について「タイトルに絡めるトップ選手と絡んでいきたいと思います」と話していた。  井上はバンタム級四天王(石渡、元谷、扇久保博正、佐々木憂流迦)には入っていないが、日本人史上最年少の19歳でUFCと契約し、1勝1敗(1敗はスプリット判定)の戦績を残している。戦績も14勝2敗と四天王と比べて劣るところはなく、そろそろ四天王との戦いが望まれているところ(佐々木は同門のため対戦はない)。  しかし、この投稿で「皆さんの声もお聞かせください」とファンの意見も募ったところ、“マサカリ”金太郎(パンクラス稲垣組)と対戦して欲しいとのコメントも多かった。元谷との試合は大晦日で見たいとの声も。  RIZINは次回、9月末開催で調整している。早くも出場に名乗りをあげた井上の相手は誰になるのか。

【関連記事】