Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

肉が大好きで、毎食のように食べてしまう人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

肉好きな人に長寿の人が多い理由

文/小林弘幸 「人生100年時代」に向け、ビジネスパーソンの健康への関心が急速に高まっています。しかし、医療や健康に関する情報は玉石混淆。例えば、朝食を食べる、食べない。炭水化物を抜く、抜かない。まったく正反対の行動にもかかわらず、どちらも医者たちが正解を主張し合っています。なかなか医者に相談できない多忙な人は、どうしたらいいのでしょうか? 働き盛りのビジネスパーソンから寄せられた相談に対する「小林式処方箋」は、誰もが簡単に実行できるものばかり。自律神経の名医が、様々な不摂生に対する「医学的に正しいリカバリー法」を、自身の経験も交えながら解説します。 【小林式処方箋】 肉が大好きで、毎食のように食べてしまう人は、肉を口にする前に、付け合わせの野菜や果物からまず食べる。 自律神経の観点から言えば、肉食、大いに結構です。 私も肉が大好きで、ランチにひとりで、「いきなり!ステーキ」で500グラムのステーキを頬張る、なんてこともしてしまいます。 肉がなぜいいのか。それは自律神経の原料が、タンパク質だからです。中でも、肉や魚、卵などの動物性食品には、良質なタンパク質が豊富に含まれています。 大豆や小麦などにも、植物性タンパク質が多く含まれていますが、必須アミノ酸の種類、量などを比較すると、自律神経の原料としては、動物性タンパク質のほうがよりお勧めできるのです。 実際、ある調査では、総エネルギー量に占めるタンパク質由来エネルギー量の比率を、平均的日本人と100歳に達した人とで比較すると、100歳以上の方のほうが、タンパク質由来エネルギー量の比率が高いという結果も出ています(柴田博『肉を食べる人は長生きする』PHP研究所)。 漫画家のさいとう・たかをさんは、1968年に連載を開始して以来、『ゴルゴ13』を一度も休載したことがないそうですが、83歳の今でも第一線で活躍されています。そのさいとうさん、朝から肉を食べることが日課になっているそうです。瀬戸内寂聴さんも肉好きで有名ですよね。あなたの周囲にも、「肉好き」の元気な高齢者の方がいるのではないでしょうか。 これらのことは、動物性食品の良質なタンパク質が、自律神経の働きを高めていることのひとつの証拠ではないかと、私は考えています。

【関連記事】