Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

年を重ねれば、確実に口は臭うもの。口臭の原因と対策をしっかりチェックしよう

配信

Tarzan Web

そもそも口が臭う原因は?

口臭を生み出す最大の要因と疑われる歯周病に罹っている人は、35歳以上の日本人の8割に上るといわれている。これは中年以降には深刻な問題だ。歯周病は口の中だけの疾患にとどまらず、多くの生活習慣病の呼び水になりうることもわかってきた。 実は歯周病だけが口臭の原因ではない。健康な人の口の中には約800種、2,000億個以上の常在菌が棲息する。これに対し抗菌・殺菌作用を持つ唾液が、たっぷり分泌されていれば、口の中の環境は安定する。 だが、ストレスや口呼吸、ドライマウスなどで唾液が減ると常在菌は増え、口はニオイを発し始める。就寝中も唾液の分泌量は減るから、起き抜けの口は臭いやすい。 食事やホルモンの変動、口の中の構造が影響。 常在菌が生み出す物質のうち、悪臭として目立つのは揮発性イオウ化合物。その発生には概日リズムがあり、グラフに見られるように食前に強くなり、食後は低値を示す。唾液や飲食物に希釈され、流されるからだ。

1日3回の食事前、口からは怪しいニオイが漂う。

1日3回の食事前、口からは怪しいニオイが漂う。/朝食前が一日の中で最も口臭が強くなる。起床時の歯磨きは必須だ。なお、ハリメーターとは口腔内の揮発性イオウ化合物の濃度を測定する口臭測定器。 出典/『生理的口臭の日内変動に関する研究』(日本歯科大学新潟歯学部歯周治療学教室) ニンニクを例に挙げるまでもなく、特定の飲食物が口臭、体臭をもたらすことは誰しも経験しているはず。 意外なことに健康的なイメージにあふれるブロッコリーなど、アブラナ科の植物に多く含まれるコリンは、代謝されてトリメチルアミンになると、魚臭を漂わせる。 グリーンアスパラガスも代謝されるとメチルメルカプタンやジメチルスルフィドといったイオウ化合物を生み出し、やはり臭う。生のキャベツに含まれるメチオナールもイオウ化合物だし、ナッツ類にもコリンは豊富だ。どれもカラダによさそうな食材だが…。 体内のホルモン環境の変動にも影響される。女性の中には月経周期に連動して口臭の強くなる人もいる。特に排卵直前は女性ホルモンによって発育する歯周病菌、プレボテラ・インターメディアが増え、イオウ化合物を生み出すのだ。このことは妊娠期間中にもあてはまり、妊婦は歯周病を悪化させやすい。 口の中の物理的構造も影響する。歯を失い、欠損箇所をブリッジで補っている人は、ブリッジと歯肉の間に食べかすを溜めやすく、それが臭いがち。 インプラントを入れている人は、歯と歯肉の境目の窪み(歯肉溝)が深くなりがちなので、そこに歯垢ができやすい。歯垢はもちろん臭う。歯周病も虫歯も治療せず、放置すればほぼ間違いなく臭う。

【関連記事】