Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今年のドラフト上位指名順が決定! トップ2はウルブズとウォリアーズのウェスト勢に

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
バスケットボールキング

 8月21日(現地時間20日、日付は以下同)。10月17日に行なわれる「NBAドラフト2020」のロッタリー(指名順位の抽選会)がバーチャルで行なわれた。  今年のドラフトで全体1位指名権を手にしたのはミネソタ・ティンバーウルブズ。続いて2位から順にゴールデンステイト・ウォリアーズ、シャーロット・ホーネッツ、シカゴ・ブルズが上位4位以内の指名権を手にした。  2月にトレードでウルブズに加入し、この日チームを代表してロッタリーに登場したディアンジェロ・ラッセルは「ワオ、超うれしいね。俺はガーソン(ガーソン・ローサスGM)、ライアン(ライアン・サウンダースHC)のことを信頼してるし、彼らがミネソタをホームにしてくれた。これで今バーがセットされたから、動き出せることにワクワクしてる」と『ESPN』へコメント。  ウルブズにはポイントガードにラッセル、センターに元オールスターのカール・アンソニー・タウンズがおり、ウイングあるいはタウンズとフロントコートでタッグを組むことができそうな今年の有望株を指名し、来季プレーオフ返り咲きを狙いたいところ。  なお、八村塁が代表者として臨んだワシントン・ウィザーズは昨年と同様の9位。指名順の予想では9位が最も高い50.7パーセントだったため、可もなく不可もなくといったところだろう。  この日決まった今年のドラフト1巡目1位から14位までの指名順位は下記のとおり。ドラフト本番に向けて、トレードで指名順位アップ、またはその指名権を絡めたトレードが合意に達するかもしれないだけに、今後の展開にも注目したい。 ※チーム名は略称 ■NBAドラフト2020 ロッタリー指名 1.ウルブズ 2.ウォリアーズ 3.ホーネッツ 4.ブルズ 5.キャバリアーズ 6.ホークス 7.ピストンズ 8.ニックス 9.ウィザーズ 10.サンズ 11.スパーズ 12.キングス 13.ペリカンズ 14.セルティックス(←グリズリーズ)

BASKETBALL KING

【関連記事】