Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

眼科医がやっている眼精疲労の対処法とは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Medical DOC

目の専門家ともいえる眼科医は、目の疲れに対し、どんな工夫をしているのでしょうか。プロの方法には根拠があるはずですし、誤解や勘違いなども少ないと思われます。そこで、「富永クリニック眼科」の富永先生に、ズバリ伺いました。日頃から気をつけている方法について教えてください。 [この記事は、Medical DOC医療アドバイザーにより医療情報の信憑性について確認後に公開しております]

【この記事の監修医師】 富永浩一郎先生(富永クリニック眼科 院長) 杏林大学医学部卒業。杏林大学医学部眼科学教室入局。米国留学後、眼科クリニック院長などを経た2014年、東京都港区に「富永クリニック眼科」開院。目についての正しい情報を提供し、快適な毎日が送れるべく、日々の医療に努めている。日本医師会、日本眼科学会、日本眼科医会の各会員。

眼科医院の点眼薬が一つの答え

編集部: 先生がやっている疲れ目の対処法を教えてください。 富永先生: 近視で老眼も多少ある私個人の場合でいいなら、焦点距離の異なるメガネを複数、使い分けています。車に乗るときなどの「遠方用」と、仕事をするときの「手元用」ですね。このほうが、目の疲れに関していえば、「遠近両用」よりも楽ですね。その日に予定している内容がおおむね固定されているなら、その環境に合った単焦点メガネを用意しておくといいでしょう。 編集部: 遠近両用は、双方を兼ねる反面、どっち付かずの傾向もあると? 富永先生: 遠近両用メガネは、2つのレンズが段階的に組み合わさっているので、「遠くなら上のへりに近い部分、手元なら下のへりに近い部分」で見ないと、本来の“見え”は得られないのです。中間の部分で見ると、目が頑張ってしまいますから、それだけ目に負担がかかります。ただし、人にもよりますよ。そもそもメガネが不要な方もいらっしゃいますしね。 編集部: 若くて、メガネを使っていない人の場合は? 富永先生: 一般論としてなら、「睡眠をよく取ること」ではないでしょうか。睡眠不足は、肉体的な疲労と自律神経失調の双方で、目に良くない習慣といえます。「何時間寝ればいいのか」という目安は人それぞれで、「ぐっすり寝られたな」と思えば、それでいいでしょう。目の疲れも取れているはずです。 編集部: では、前提条件を全て外します。眼精疲労の根本対策について教えてください。 富永先生: そうなると、眼科医院で処方する点眼薬です。点眼薬の目的は「目の筋肉にある凝りを解きほぐすこと」ですから、これに勝る対処法はないと思います。眼精疲労は、タイプ別に分類うんぬんというより「程度差の問題」ですので、“凝りを解きほぐす” というシンプルな方法が最も合っているのではないでしょうか。

【関連記事】