Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日本限定各1台の特別なロールス・ロイス! 「Dusk in Tokyo Collection」発表

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MOTA

ロールスロイス・モーターカーズ東京は、日本の首都・東京にちなんだロールスロイス・モーターカーズ初のビスポーク・コレクション「Dusk in Tokyo Collection」を発表。9月26日(土)にコーンズ芝公園ショールームにて初公開する。 ■究極のラグジュアリー ロール・スロイスの内外装はコチラ 価格は、ファントムが8707万1000円、カリナンが5728万9000円、ドーンが5408万8000円、レイスが5317万7000円(いずれも消費税込み)。

合計4台しかない限定車「Dusk in Tokyo Collection」の特徴

「ファントム」「カリナン」「ドーン」「レイス」の4モデル各1台で構成される、ロールスロイス・モーターカーズ初のビスポーク・コレクション「Dusk in Tokyo Collection」は、その名を冠した新エクステリアカラー「Dusk in Tokyo」を採用。 このコレクションは、英国のロールス・ロイス本社グッドウッドにあるロールスロイス・ビスポーク・コレクティブによって造られ、東京で50年以上にわたりロールス・ロイスを代表する正規ディーラーであるコーンズ・モータースのためだけに1年以上の期間をかけて開発された。 発売を記念し、9月26日(土)と9月27日(日)にロールスロイス・モーターカーズ 東京(コーンズ芝公園ショールーム)で展示会を開催する。 ■Dusk(夕暮れ)に着想を得たエクステリア 「Dusk in Tokyo Collection」は、さわやかな晴れた日に、東京の都心部の超高層ビル群から眺めた美しい夕焼けをオマージュ。 日本初となるローズゴールドのSpirit of Ecstasyは、夕暮れ時の街を彩る暖かみのあるオレンジとピンクの夕日を表現。彼女を取り囲む新しいエクステリア・カラーは、グレーがかったホワイトで、光に当たると高層ビルの窓に光が舞うように、さまざまな色のスペクトルで輝きを増す。 ボディサイドに手描きで描かれたローズゴールドのコーチラインは、地平線に日が沈む様子を表している。 ■新エクステリア・カラー「Dusk in Tokyo」 新エクステリア・カラー「Dusk in Tokyo」の塗料には、アルミニウムとマイカが含まれており、光をさまざまな方法で屈折させることで、弱い光の下でも絶妙な色調を生み出し鮮やかに輝く。 グッドウッドのペイントショップは、複雑なプロセスを経て、この4台の限定車にふさわしい効果を生み出すために、何層ものベースコートと追加のクリアコートを施した。 ■夕暮れのコントラストを表現したインテリア 「Dusk in Tokyo Collection」のブラックレザーインテリアは、沈み行く夕焼けのコントラストを表現。アークティックホワイトレザーのドアポケットには余韻を残す光が、ローズゴールドで仕上げられたビスポークオーディオグリルには太陽の光の反射が垣間見える。 限定車のインテリアは、オープンポアロイヤルウォールナットを使用。また「ファントム」には、フェイシアにローズゴールドクロックが追加され、純粋さと自然な暖かさがウッドにも表れている。

「Dusk in Tokyo Collection」の価格と展示会について

■Phantom Extended:8707万1000円 ■Cullinan:5728万9000円 ■Dawn:5408万8000円 ■Wraith:5317万7000円 ※いずれも税込価格 【発売記念展示会概要】 ■名称:Dusk in Tokyo Collection Unveiling ■日程:2020年9月26日(土)、27日(日) ■時間:10:00~18:00 ■場所:ロールスロイス・モーターカーズ 東京(コーンズ芝公園ショールーム)

MOTA編集部

【関連記事】

最終更新:
MOTA