Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

広島・大瀬良が3勝目!打線も9得点でエースを援護

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 「広島9-2ヤクルト」(17日、マツダスタジアム)  先発した広島の大瀬良は、6回を投げ7安打5奪三振2失点で3勝目を挙げた。 【写真】生還した堂林らを笑顔で出迎え  初回、2死一、二塁のピンチを迎えたが5番・西浦を一ゴロに打ち取って立ち上がりを無失点。そこからリズムに乗った。三回は2死一塁で4番・村上を外角高め147キロの直球でバットの空を切らせた。  代名詞のカットボールを軸にしながらも、スタメン野手に左打者が5人並んだツバメ打線に、この日はシュートを有効活用。初球をカーブで入るなど、緩急も付けた。  六回にエスコバーの適時打で2点を失ったものの、後続を抑えた右腕。118球の力投で役目を果たした。  打線は3番に入った堂林が第4打席まで全打席安打。松山が1号3ランを放つなど、大量点の援護を得たのも大きかった。

【関連記事】