Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「特別定額給付金」10万円は何に使う?ちょっと気になるみんなの使い道

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
kufura

政府が国民に一律で10万円を給付する「特別定額給付金」。すでに申請を済ませたという方もいるのではないでしょうか。その使い道、お決まりですか? 『kufura』では、子どものいる男女500人に「特別定額給付金の使い道」についてアンケート調査を実施しました。

「特別定額給付金」に申請する人が圧倒的多数!

「特別定額給付金」に申請しますか?と尋ねたところ、 はい・・・490人(98.0%) いいえ・・・10人(2.0%) 大多数の方が「申請する」と回答しました。続いて、その具体的な使い道について見てみましょう。

「生活費に使う」がダントツの7割!

給付金の使い道としては、「生活費」が最多。「消費や支払いに使う」が、じつに全体の83.2%にのぼり、貯蓄ではなく圧倒的に消費傾向であることが分かりました。 2位の「貯金」と回答した方でも、 「子どもの分は、将来用として貯蓄に回す。自分の分はコロナが明けてから旅行などの私用費用で使う」(30歳/男性/その他) 「生活費の支払い。税金の支払い。残りは貯蓄」(52歳/男性/その他) と最初から一部を貯蓄に分けておいたり、もろもろの支払いを済ませた残りを貯金にまわすなど、全額貯金ではない方もいました。

最も多かった「生活費」の内訳は?

生活費の項目のうち、多くの方が挙げたのが「食費」でした。休校やテレワーク措置によって自宅での食事回数が増え、食費がかさんだという方や、外食やテイクアウトに充てるといった声が聞かれました。 注目は4位の「家電や家具の購入」。10万円給付を機に、思い切って新調したい!という方も多いようです。

生活費にかける理由は家庭それぞれ

アンケートを1つ1つ見ていくと、生活費にかける「理由」も見えてきました。

(1)とにかく生活維持のため

「収入が減ることになるので生活費の補填に使う」(37歳/女性/総務・人事・事務) 「すでに1カ月分の稼ぎがなく食費を主とする生活費の出費が大きい。10万円はこれまでの生活費の埋め合わせになる。食費が主」(41歳/女性/その他) 「食費が倍近くになっているのでそれにあてる」(40歳/女性/主婦) 「今夏の賞与が減額される見込みなので、住宅ローンの返済用に全額応援する予定です」(72歳/男性/その他) 「車検の時期が近付いており、お金の捻出を心配していたので、この給付金をあてる」(64歳/男性/総務・人事・事務) 「家賃、光熱費、電話料金、学校費などで足りないくらい」(45歳/男性/研究・開発)

【関連記事】

最終更新:
kufura