Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【中日】大野雄大4回4失点KO ソロ3発のみの打線に与田剛監督「明日うまく行くようにするしかない」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
スポーツ報知

◆JERAセ・リーグ 広島6―3中日(15日・マツダスタジアム)  6試合連続完投中だった中日・大野雄大投手(31)が初回いきなり、広島・鈴木誠の3ランを含む4連打を浴びるなど4回5安打4失点で降板。2リーグ制後では球団初となる7試合連続完投を逃し、チームも敗れた。  2001年7~9月の野口茂樹と並ぶ6試合連続完投を続けていた大野雄だったが、これで記録更新の快挙はならず。ちなみに中日では、1リーグ時代の1947年に清水秀雄、藤本英雄の2人が7試合連続完投を成し遂げている。  大野雄は「9連戦の頭を任されているピッチャーが、初回4失点して、早い回で降りてしまい申し訳ない。ホームランだけは(ダメ)…という場面で、ホームランを打たれてしまった」とうなだれ、与田剛監督(55)は「(初回は)ちょっとコントロールがばらつきがあったかな。立ち上がりは難しいところですが、そこじゃないかなと思う」と分析した。  とはいえ、これまで奮闘してきたエースを責めるのは酷というもの。問題はやはり打線だろう。これで直近10試合の平均得点は2・8点。この日も6回にアルモンテ、7回に高橋周平と京田陽太のソロ本塁打で一時1点差まで迫ったものの、タイムリーヒットは無し。2回無死一、二塁で阿部寿樹が投ゴロ併殺打、4回1死一、二塁では高橋が二ゴロでゲッツーに倒れたが、指揮官は「あそこでヒットを打てた可能性もあるし、それは常にうまくいくわけではないので、また明日うまく行くようにするしかないです」と選手をかばった。

報知新聞社

【関連記事】