Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「伊勢谷友介」の“狂気”を証言 暴行被害者「広末さんに“頑張れ”と言ったら殴られ…」 

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリー新潮

 突然の逮捕から2週間が経つ。驚く人もいれば、やっぱりそうかと頷く人も少なくない。彼を身近に知る人ほど、その精悍なマスクの裏側に秘めたる狂気に気づいていたというのだ。

 今月8日、俳優の伊勢谷友介(44)が、大麻取締法違反(所持)の容疑で、警視庁組織犯罪対策5課に現行犯逮捕された。彼に潜む魔を知る前に、事件の概要を振り返っておこう。  逮捕当日、東京・目黒区内の自宅マンションに踏み込んだ捜査員が発見したのは、乾燥大麻20グラムと吸引の際に使用する大量の巻紙。その数は実に約500枚にも及んだ。  全国紙の警視庁担当記者によれば、 「以前から薬物使用の噂が絶えない芸能人の一人でしたが、本格的に捜査が始まったのは今年1月頃。彼と近しい人物から、家に大麻を隠し持っているとの情報提供を受け警察が内偵したところ、ゴミ袋などから大麻の吸い殻などが確認された。それで令状をとり、逮捕に至ったそうです」  警察が信用するほどの証言ができる人物は限られよう。そこで思い浮かぶのは、4年前に伊勢谷容疑者との半同棲が報じられたモデルの森星(ひかり)(28)である。  この記者が言うには、 「逮捕直後、伊勢谷容疑者の身辺が取材される過程で、二人は1年ほど前に破局していることが明らかになりました。警察に情報提供があった時期と勘案して、彼女がタレコミ主ではないかと取り沙汰されたのです」

 森の所属事務所に聞くと、 「(彼女が情報提供したのは)事実ではありません」  とキッパリ否定した上で、二人が破局した時期についてはこう話すのだ。 「昨年の秋とは聞いておりますが、プライベートについては本人に任せておりますので、具体的な時期や理由は把握しておりません」  所属事務所が男女の別れを認めるのは珍しい。  スポーツ紙の芸能デスクが解説すると、 「彼女の事務所にとってもいい迷惑ですよ。破局を世間にアピールして事件と無関係だと主張したいのでは。過去にも、伊勢谷容疑者と交際した芸能人の事務所は苦労が絶えないのです」  これまで伊勢谷容疑者は、広末涼子(40)に長澤まさみ(33)など有名女優とも浮名を流してきた。交際していた当時を知る長澤の所属事務所関係者が振り返る。 「長澤と半同棲状態だった伊勢谷は、ドラマやCMのギャラについて入れ知恵をしたらしく、彼女が事務所にさまざまな注文をつけてきたことがあった。折り合いつかず独立寸前まで拗(こじ)れましたが、交際から2年ほどで別れて独立話も終息。ホッと胸を撫でおろしました」  破局の原因のひとつとして囁(ささや)かれるのは、伊勢谷容疑者による“DV疑惑”だ。  先の芸能デスクが話す。 「彼は交際女性をエアガンで撃ち続け、顔面を殴打するなどサディスティックな面があるとの噂が絶えず、DVを受けた女性の関係者の証言が、『週刊文春』で報じられたこともあります」  その嗜癖(しへき)は、90年代に一世を風靡(ふうび)した広末涼子と交際していた頃にも暴走した。当時まだ一介のモデルにすぎなかった伊勢谷容疑者の顔と名前は、彼女との交際で一気に知れ渡った。 「伊勢谷クンは学内で誰もが知るスターでした」  とは、彼の母校・東京藝術大学の卒業生である。 「デザイン科の学生は、服装も洗練されていたのですが、中でも伊勢谷クンはズバ抜けていた。けれど、彼は“ある事件”をきっかけにして、学生の間で危険な人物だと囁かれるようになってしまいました」

【関連記事】