Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【DUCATIらしさの秘密】市販化を望む声が絶えない究極のシングルレーサー SUPERMONO

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FUNQ

『ドカだけが、なぜ違う? DUCATIらしさの秘密』と題して、ドカの個性的なモデルを紹介していく人気企画をプレイバック。今回は、ドゥカティのファクトリーチームが作り上げた2 台のレーシングマシンの試乗インプレをレポート。後編としてわずか67台しかないシングルレーサーSUPERMONOを詳細レポートする。

市販化を望む声が絶えない わずか67台の究極のシングルレーサーSUPERMONOに試乗

ヨーロッパでシングルレースが大きなムーブメントになったのが’90年代のこと。そこに送り込まれたドゥカティの超ライトウエイトスポーツがこれだ!

92年、ドイツのケルンショーでベールを脱いだマシンが「スーパーモノ」である。エンジンを設計したのは、851&888系と同じマッシモ・ボルディだ。

それゆえ、両モデルには高い近似性があり、ごく簡単に言えば4バルブの水冷Lツインユニットからリヤバンクを取り払い、残されたフロントバンクのボア×ストロークをアップした仕様……と表現しても構わない。

正確に言えば、ボルディが本当に作りたかったエンジンこそがこのシングルである。なにせその構想は73年(!)から温めていたもので、その時すでに技術論文として発表していた。つまり、およそ20年の歳月を掛けてカタチにした、まさに執念のユニットなのだ。

90年代初頭から半ばにかけてヨーロッパではシングルレースが大きなブームになっていたことが追い風となり、そこに送り込むために開発されたスーパーモノは、いきなりヨーロッパSOS選手権でタイトルを獲得するなど狙い通りの性能を発揮。

最初からロードレースをターゲットに開発されたことが見事に機能したのである。

というのも、当時のシングルレーサーはモトクロッサーやエンデューロバイクのエンジンを流用して作るのがセオリーだった。しかしそれでは制約が多過ぎると考えたボルディは、ロードバイクのエンジンをスケールダウンするという手法を選択。

シングル最大のネガである振動を軽減するため、2気筒から1気筒取り払ってできたスペースにピストンの代わりになる小さなバランサーを組み込み、高回転までスムーズに回るビッグシングルを完成させたのだ。

【関連記事】

最終更新:
FUNQ