Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Series 6やSE登場! 新型Apple Watch詳細解説。最大の変更は「ユーザー層拡大!」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FUNQ

Apple Watchが新しくなった。 最新モデルはSeries 6という。 それと同時に、最新モデルに近い性能を安価に使えるSEというモデルが登場。さらに安価なSeries 3があり、非常に手に入れやすくなった。

Apple Watchユーザーがどんどん増える

ウォッチフェイスのバリエーションも増え、iPhoneを持っていない子供や高齢者にも使えるようにと、iPhoneユーザーから別の人のApple Watchを機能限定状態で使えるようにする『Apple Watchファミリー共有』という機能がローンチされた。 Series 6は、最新のBlood Oxygen (血中酸素濃度)計測センサーなどを搭載した高機能なApple Watch。SEはiPhone SEと同じく、ほぼ最新型に近い性能をリーズナブルに体験できるモデル。Series 3は3年前に発売されたモデルが継続販売されているのだが、防水、心拍計測、Apple Pay……など、多くの基本機能を使えながら、1万9800円(税別)から購入できるという非常に安価なモデルだ。 シリーズが増えて、誰もが気軽に使えるように、誰もが自分らしい文字盤、バンドを組み合わせて使えるように……というのが、2020秋に発売されたApple Watchだ。

ウォッチフェイスもバンドも激増

ウォッチフェイスの拡大が、普通に使っていて一番頻繁にわくわくを感じるApple Watch 2020年モデルの最新機能だ。 (決して他の機能を過小評価するつもりはないが、ウォッチフェイスはいつも見るし、個性を発揮するポイントだから、増えるのが嬉しいのだ) 左から、色が自由に設定できて、自分の個性を主張できる(たとえば、エヴァカラーとか、ジャイアンツカラーとか作れるはず)ストライプフェイス、ジェフ・マクフェトリッジデザインのアートフェイス、タキメーターなども組み合わせて自由にアレンジできるクロノグラフプロフェイス、複数の国の同時に確認可能なGMTフェイス現在地に合わせた表示にできる、スタート時からの時間をカウントアップするカウントアップフェイス、自分の顔のアニメを表情豊かに表示できるミー文字フェイス、様々な特徴的なフォントを文字盤に使えるタイポグラフフェイスなど一気にバリエーションが増えた。

【関連記事】

最終更新:
FUNQ