Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東急SレイエスFC 柳川信氏【中編】「テクニカルダイレクターとしての役割は、総じて”品質管理”」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
高校サッカードットコム

 中学生・高校生年代を対象とし、サッカーはU-18、フットサルはU-15まで活動の幅を広げている東急SレイエスFC。横浜市青葉区を活動の拠点にし精力的な活動を展開している。U-18監督でありアカデミーダイレクターである阪本洋平氏に続き、テクニカルダイレクター柳川信氏にお話を伺った。 【フォトギャラリー】東急SレイエスFC ーークラブがアカデミーダイレクター、テクニカルダイレクターを配置する狙い。  今年度クラブの歴史は21年目となります。創設期から多くの人がこのクラブを支えてきました。ジュニアユース年代だけでスタートしたクラブが今やカテゴリーも増え、フットサルチームも持ち、スクールブランドにもなり、指導者は50人以上、会員は3000人を越えるクラブとなりました。そして、多くのコーチングスタッフがいる中で、選手・スタッフが世代を越えても全員が同じ哲学や価値観を持つために「プレーモデル」を策定したわけですが、日々変化していく時代とフットボールに適応していくには、クラブも日々進化しなければなりません。  そのために、アカデミーダイレクターである阪本が統括しながら進むべき方向性の舵を取り、その中でも指導面やプログラムなど、よりテクニカルな領域を司る役割として私がテクニカルダイレクターとして配置されました。  互いにカテゴリーの監督をしていることもあり、役割を分担することで、今日を守りながらも明日を切り拓き、クラブをいっそう推進させていこうという狙いです。 ーーテクニカルダイレクターの役割。  テクニカルダイレクターとしての役割は、総じて”品質管理”です。品質とは、指導でありトレーニングプログラムです。指導面ではチーム指導のモニタリングと指導者研修プログラムの構築、プログラム面ではメソッドやカリキュラムの管理と改良が具体的な仕事になります。 ーークラブとしての解を持つ。  フットボールとはシンプルで奥深いもので、人間とはエモーショナルで複雑なものです。そのため、フットボールの捉え方も指導の考え方も唯一解が無いからこそ、クラブとしての解を持つことが同じエンブレムを身に付ける前提になるのだと考えます。  例えば、選手が「良いプレー」をできるように指導者はアプローチするわけですが、では「良いプレー」とはどのようなプレーかというと、考え方が一つになることはないはずです。なぜなら、そのプレーが引き起こした現象は様々なものの相互作用がもたらした結果であり、瞬間的な効果や効率など、一つの物差しで評することはできないからです。  例えば、速く攻めることで効率を高めることがありますが、ゆっくり攻めることで様々な効果を最大化し結局は効率も高まることがありますし、また、点差や時間帯にも依ります。そして、フットボールは人間同士が行うインナーゲームですから、一つのプレーが及ぼす心的影響や他者との相互作用は到底測りきれるはずがありません。一見無駄に見えるプレーが相手の思考に油断という隙を生み、巡り巡ってゴールを生む可能性すらあります。  そもそも、フットボールとは体育でも運動でもなく、スポーツでありゲームですから、評価基準には芸術性という魅力が含まれるとも考えられます。そうなると、観ている人の感性に左右されるものですから、ますます一つの基準では測れません。

【関連記事】