Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

自宅にスウィング研究施設!? タイガーの元コーチの自粛生活がすごかった

配信

みんなのゴルフダイジェスト

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ゴルフ界では試合が中止や延期。世界中が自粛ムードとなったが、そんな状況下で海外のコーチたちはどのように過ごしていたのだろうか。スウィングコンサルタントの吉田洋一郎が、ヤン・フー・クォン教授と、コーチのクリス・コモに話を聞いた。

自宅で過ごしながらも研究は怠らず

緊急事態宣言が解除となりましたが、新型コロナウィルス感染症の拡大は、スポーツの世界に大きな影響を及ぼしました。ゴルフ界でもプロ・アマを問わず、さまざまな大会が中止・延期され、試合が再開された韓国ツアーでも、無観客での開催となっています。 また、日本では屋内練習場など、多くのゴルフ関連施設が休業要請の対象となりました。コンペが中止となり、練習にも行けず、寂しい思いをしているアマチュアも多いことでしょう。私たちコーチも、このような状態ではどうすることもできず、自宅でできる練習方法をご紹介したり、最新の理論について勉強したりしながら、感染症拡大が収まる日が一日も早く訪れるよう願うばかりです。そんな中、ほかの人たちはどのような日々を送っているのだろうかと、旧知のヤン・フー・クォン教授と、コーチのクリス・コモに近況を尋ねてみました。 米国でも、規制は徐々に緩和されているようですが、外出に関して制限のある生活を強いられています。クォン教授が勤務するテキサス女子大学も休校になっていて、長い時間を自宅で過ごしています。しかし、スウィングについての研究は怠らず、オンラインを通じてインストラクターらとバイオメカニクスなどについて議論を行っているそうです。 さすがはバイオメカニクス第一人者のクォン教授。どんな状況に置かれていても、探究心が衰えることはありません。 さらにすごいのは、クリス・コモ。タイガー・ウッズの前コーチで、最近ではブライソン・デシャンボーを指導しています。アメリカで新型コロナウィルスの蔓延がピークだった4月中旬頃、クリス・コモからメールが来ました。コモはゴルフ場や練習場に行くことができないため、自粛生活期間中に自宅のリビングに打席を作り、4台のハイスピードカメラと地面反力を測定できる高価なスウィング分析の機器まで設置したというのです。つまり、自宅をスイング研究施設に改造したというわけです。アメリカの住宅が広いことは知っていますが、まさかリビングにスイング研究室まで設置するとは想像以上でした。 コモは自粛生活中に、オンラインでブッチ・ハーモンと対談したり、マスターズチャンピオンのトレバー・イメルマンにオンラインで指導するなど、新型コロナウィルス後の新たな生活様式に向けて様々な試みを行っています。常に進化を続けるクリス・コモらしい取り組みだと思いました。

【関連記事】