Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

静岡県唯一「訪問可」の山梨県に旬を探しに…消費期限30分、溶けるおいしさ

配信

静岡朝日テレビ

久保円華アナ:「河口湖の目の前、山梨県の大石公園にやってきました。400種類以上のバラが咲く公園です。こちらはハートの花びらのバラ、ロマンチックな気分に浸れます。そして、向こう側には、富士山が顔をのぞかせています」

 富士山が望める河口湖湖畔の大石公園。今の見ごろはバラ。来週からはラベンダーに…。  ここから、山梨県の旬探し、スタートです!

銘菓「信玄餅」の夏バージョン 山梨・北杜市

 まず向かったのが、山梨県北杜市にある1902年創業の「金精軒」。店頭の看板には「30分以内にはお召し上がりください」の文字が。 なんとも気になる「水信玄餅」!  山梨県の銘菓「信玄餅」の夏バージョンで、99%が水でできています。 (水99% 砂糖と寒天1%) (6月~9月限定販売・お茶付き500円(税抜)) 金精軒 小野雅子取締役:「水を食べるっていうキャッチフレーズ。口の中に入れると体温でシューッと溶けてしまうので、食べた方は「え?」って不思議な食感だなって思う」  生産量日本一、北杜市のミネラルウォーターをたっぷり使った水信玄餅。時間がたつと崩れてしまうため、消費期限が30分なんです。  土日限定で販売し、1日700個売れるときもありましたが、密集による新型コロナ感染拡大のリスクを考え、テイクアウトに切り替えました。  平日は100個、土日は200個~300個を販売。予約も受け付けていて、手に入りやすくなっています。 久保アナ:「消費期限30分といわれる水信玄餅、今30分くらいだからかな。すっとスプーンが入りました」 「おいしい。清涼感があります。一回もかまずにすわっと消えていく。不思議」  思わず笑みがこぼれてしまう食感? 溶け感? でした。

「最大」のサクランボ 南アルプス市

 続いて向かったのは、山梨県最大のサクランボの産地=南アルプス市です。 フルーツバスケット・原 原昌仁代表: 「この玉が普通のサクランボより大きいでしょ?」 久保「大きいですね」 原さん:「これが花が終わった後、実になって鈴なりになる」  原昌仁さんのサクランボ。今年は天候に恵まれ、大豊作だそうです。 久保アナ: 「お、ぴっかぴか。本当に艶がありますね。きれい」 「ぷりぷりと言っていいのか、実がぎっしり詰まっていて、甘酸っぱい、おいしい」 「これ40分狩り放題?」 原さん:「そうです40分。食べ放題」  サクランボ狩りは40分で2100円(税込み)ですが、静岡県民は県庁などに置かれているチラシで500円引きに。南アルプス市の観光協会が対象の農園に案内してくれます。  川勝知事も実践した静岡・山梨、互いの県産品の購入を推進する「バイ・ふじのくに」。原さんもその効果を感じています。 久保アナ「例年よりも静岡は多い?」 原さん:「多い多い」 久保アナ「そうですか」 原さん:「だって、チラシを配ったのを持ってくる人がいますからね。お客さん、今年はコロナの関係で、バスなんか1台もないところを、ファミリーのお客さんがたくさん来ていただいて、静岡から。ありがたいです」  さくらんぼ狩りの受け付けはあさってまでです。  普段と違う角度から眺める富士山。旬の味覚も充実している山梨は新しい旅の選択肢になりそうです。