Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

死亡事故ゼロ1500日達成 入善署管内、県内最長

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
北日本新聞

 入善署は26日、交通死亡事故ゼロが連続1500日を達成したことを受け、同署で県警本部長感謝状伝達式と交通指導取り締まりの出発式を行い、記録更新へ決意を新たにした。管内の死亡事故ゼロの日数は県内15署で最長、入善署でも過去最長となっている。  入善、朝日両町の管内では2016年5月17日から4年余り死亡事故は起きていない。同署は「両町や交通安全協会などと連携し、運転免許証を自主返納する高齢者への支援事業や啓発活動を行い、交通安全への住民の理解が得られた」としている。  伝達式では、谷口利晃署長が深松隆黒東交通安全協会長に感謝状を手渡した。  出発式では、笹島春人入善町長と笹原靖直朝日町長が「地域に根差した活動のたまものであり、記録が一日でも延びるよう期待したい」などと激励。谷口署長が「警察だけの力ではなく、両町や町民の協力のおかげ。これを一つの通過点とし、心を新たに啓発活動に取り組みたい」とあいさつした。その後、関係者が見守る中、パトカーが次々と巡回に出発した。同署には「死亡事故ゼロ1500日達成」などと記した長さ6メートルの懸垂幕を掲げた。

【関連記事】