Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

左太もも裏痛の中日高橋 抹消せず14日まで様子見「本人の感覚では、そんなにかからないんじゃないかと」

配信

中日スポーツ

 11日の広島戦で左太もも裏を痛め、途中交代した中日の高橋周平内野手(26)が登録抹消せずに復帰を目指す可能性が出てきた。12日の試合後、与田監督は「本人(高橋)の感覚では昨日と今日の状態で、そんなにかからないんじゃないか、というものがあった」と説明。休日明けの14日まで様子を見ることになった。  診断は左ハムストリングスの損傷で、復帰まで3週間から1カ月程度かかる見込み。与田監督は「そういう診断が出ているのは事実なので、約100試合残っている中で無理をさせて、もう残りの試合が全部使えないようなことは絶対あってはいけない」と言葉に力を込めた。  与田監督と高橋は練習前にナゴヤドームのベンチで話し合った。与田監督は「周平もやっぱりチームのために簡単に休みたくないという思いもある。本人の気持ちも尊重してあげないといけない。今日、明日ゆっくり休んで、明後日(14日)のグラウンドでの状態、それを確認してからということになると思う」と続けた。  高橋はこの日グラウンドで練習は行わず、試合のベンチメンバーから外れた。

【関連記事】