Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

米GMの中国販売、第3四半期は前年比12%増 2年ぶりのプラス

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ロイター

[北京 12日 ロイター] - 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>は12日、第3・四半期の中国販売台数が前年同期比12%増の77万1400台になったと発表した。四半期ベースでのプラスは2年ぶり。 第2・四半期は5%減だった。 GMは上海汽車集団(SAIC)<600104.SS>との間で上海に合弁会社を保有。「ビュイック」、「シボレー」、「キャデラック」を生産する。また、SAIC、広西汽車集団との合弁会社「上汽通用五菱汽車(SGMW)」も展開。実用本位のミニバンを生産しているほか、ハイエンドな自動車の生産も開始している。 第3・四半期はビュイックが26%増、シボレーが20%減、高級ブランドのキャデラックが28%増だった。 実用本位ブランド「五菱」の販売は26%増加したが、大衆市場向け「宝駿」ブランドは19%減少した。 GMは海外メーカーとして、中国では独フォルクスワーゲン<VOWG_p.DE>に次ぐ存在。市場が飽和状態にあるほか、景気減速により中国販売は苦戦していた。 8月には、中国での電気自動車(EV)ラインナップを拡充し、今後5年に投入する車両の40%以上をEVにする計画を発表。価格が2万8800元(4200ドル)からとなっている小型2ドアEV「五菱宏光MINI EV」は8月の中国ベストセラーEVとなった。[nL4N2FL36F] GMの2019年販売台数は前年比15%減の309万台。18年は365万台、17年は404万台だった。

【関連記事】