Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

マクラーレンのカルロス・サインツJr.、僅差の2位に「半分がっかり」。でもマシンのパフォーマンスに満足|F1イタリアGP

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
motorsport.com 日本版

 2020年のF1イタリアGPは、大波乱の結果に終わった。アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーが優勝……彼にとってはF1初優勝。赤旗中断とセーフティカー、そしてペナルティを潜り抜けての勝利だった。 【動画】ガスリー&アルファタウリ・ホンダ初優勝! 2020F1第8戦イタリアGP決勝ハイライト  マクラーレンのカルロス・サインツJr.は、予選3番手を獲得。レース序盤はメルセデスのルイス・ハミルトンに次ぐ2番手を走行していた。そしてケビン・マグヌッセン(ハース)がピットレーンの入り口付近にマシンを止めたことで、サインツJr.に勝利の女神が微笑み始めたのだ。  マグヌッセンのストップにより、セーフティカーが出動。これを好機とハミルトンはピットに飛び込み、タイヤを交換する。しかしマグヌッセンのマシンがピットレーン入り口付近に止まっていたため、ピットレーンは進入禁止とされていたのだ。ハミルトンはこれに気付かずにピットインしてしまったため、10秒のストップ&ゴーペナルティを受けることになり、最後尾まで下がってしまった。  サインツJr.はピットレーンがオープンとなった後にピットインし、タイヤを交換。ハミルトンが隊列を離れた際にはトップに立つはずだった。  しかしガスリーは、マグヌッセンがストップする直前にピットストップを終えており、ハミルトンが後退した後は彼がトップに立つことになった。  サインツJr.はF1初勝利の絶好のチャンスだと見るや、ガスリーを懸命に追った。しかし最終的には及ばず、0.415秒差の2位に甘んじることになった。 「信じられないよ」  サインツJr.はそう語った。 「信じられないかもしれないけど、僕は2位で終わったことに、半分がっかりしているんだ。今日は、勝つために戦えるチャンスがあった」 「僕らはとても近づいていた。正直に言って、普通のレースだったならば、本当に良いペースだったから、ルイスの後ろの2位になれたと思う。だから今回の結果は、僕らに値するモノだと思う」  サインツJr.は、セーフティカーが出動した際にガスリーが前に出たことについて、驚いたと認めた。 「ピエールが前にいたんだ。『すごい! どうしてそんなことが起きたんだ?』という風に思ったよ。でも、セーフティカーには少し不運があったようだ。赤旗の後には、それを回復するために良い仕事をしたと思う」 「2位になれたことは、とても嬉しく思っている。週末を通して、僕らはとても速かった。中団グループを簡単に制圧できたと思う。だから、この結果には満足しなければいけない」  勝利を逃したにもかかわらず、マクラーレンは今週末に行なった全て仕事について誇りに思うべきだと、サインツJr.は語った。 「6番手から2番手に戻って、ピエールを追いかけた。そして、なんとか0.3~0.4秒差でフィニッシュできた。それは誇りに思うし、マシンのペースについては誇りに思う必要がある」 「もしレッドフラッグが出なければ、今日はルイスの後ろでフィニッシュできたと思うけど、でもそれはそれだね」

【関連記事】