Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

TikTokで話題の「香水」、意外な誕生秘話 瑛人に聞いた

配信

リアルサウンド

 〈君のドルチェ&ガッバーナのその香水のせいだよ〉。TikTokを中心にヒットしている「香水」のサビ部分の歌詞は一度耳にすると忘れられない。同楽曲はシンガーソングライター・瑛人によるもので、リリースされたのは2019年4月だが、TikTokのBGMに使われているだけでなく、今なお多くのアーティストたちからカバーされている。現在23歳の瑛人とは何者なのか。「香水」の制作秘話や音楽活動への思いも聞いた。(編集部) 瑛人「香水」ジャケット写真

19歳から始めた音楽活動

ーーリアルサウンドには初登場ということで、改めてキャリアや音楽遍歴を聞ければと思います。まず、音楽に興味を持ったきっかけは? 瑛人:物心ついて少し経った時から音楽に興味があって、小学生の時からずっと歌うことは好きでした。 ーー特に印象的な曲はありますか? 瑛人:大塚愛さんの「さくらんぼ」。CDで流して、一時停止しながらノートに歌詞をメモってました。それが覚えている一番小さい時の思い出ですね。そんなふうに、以前から歌うのは好きだったんですが、実際に音楽を始めようと思ったのは19歳のころです。それまで「音楽をやりたい」というのは心の片隅にはあったんですけど、歌ったらすぐに声が枯れるし、自分は歌手にはなれないなと思っていて。で、19歳のときに大学受験に失敗して。でも大学にどうしても行きたいわけじゃなかったので特に焦らなかったし、他の大学も受けなくて、とりあえず高校卒業してからの1年間は自分のやりたいことを見つけようと思ったんです。1年間「何ができるかな」って考えながら働いていて、僕の友達のKANというダンサーが、すごくアーティスティックで、自分をダンスで表現しているのを見て感動したんです。他のシンガーソングライターの曲を聴いても、「すごいな」って鳥肌が立つし、前から歌が好きだから、僕も曲を作ってみようっていう気持ちで、19歳のころに音楽を始めました。 ーー曲を作ってみようと思って、すぐに制作が進んだんですか? 瑛人:最初は音楽学校に1年間通ったんですね。そこで、シンガーソングーライターのルンヒャンさんに出会って、曲の作り方を教えてもらいました。良いアイデアが出てきたらルンヒャンさんのところに持っていって、「これで曲できるよ」「ほら、一曲できたじゃん!」みたいなやりとりは今も続いています。 ーー周りの方に恵まれた部分もあったんですね。先ほど大塚愛さんの「さくらんぼ」が最初の記憶という話がありましたが、影響を受けたアーティストは? 瑛人:平井大さんと清水翔太さんです。 ーーなるほど。特に思い出深い曲はありますか? 瑛人:清水翔太さんの「HOME」! 僕が小学生の時に兄貴が歌っていて好きになって、カラオケで絶対歌う曲です。 ーー今も歌われたりするんですか? 瑛人:今でもたまに歌います。カラオケはわりと行きますね。

【関連記事】