Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

島田洋七が古希でユーチューバーに! コロナ禍→講演ゼロで転身決意

配信

東スポWeb

 80年代の漫才ブームをけん引した「B&B」の島田洋七(70)が、新型コロナウイルス感染の拡大による影響で失業状態に陥り、ユーチューバーに転身することを決めた。 「今年の3月からコロナの感染拡大で、講演会はすべて中止。楽しみにしていた人のために内容を収めた音源を、ユーチューブチャンネルにアップしたら、約1時間10分の動画に5万件くらいの視聴回数があった。僕らの芸は笑わせてなんぼ。本格的にユーチューブに力を入れることにしたんです」と話した洋七。  漫才ブーム後、自費出版した自叙伝「佐賀のがばいばあちゃん」が2004年に徳間書店で文庫本化されたことで話題になり、以後、シリーズ累計1000万部を超す大ベストセラーになった。  とはいえこの間、所属していた吉本興業を離れることになり、テレビの出演は激減。その代わりに「佐賀のがばいばあちゃん」をテーマに全国の講演会の仕事を中心に活動をすることにした。現在まで講演会回数は4800回以上に及んでいる。  今回、この講演会が新型コロナの影響をモロに受けてしまった。 「3月から完全に止まっているからね。現時点で8月末まで全てキャンセル。だから仕事はゼロ。僕の講演会は500人、1000人の人が集まって聞くけど、基本的にはお年寄りが多い。この状況だと無理なんです」と洋七。 「佐賀の田舎に住んでいるとやることがなく、毎日歩くだけ。弟子たちには“とにかく生きろ”と言ってますが、かすみを食って生きられるわけがない。テレビがだめならユーチューブで笑かしたろ。ユーチューバーとして活動しますよ」  70歳にして洋七がユーチューバーとして、再々ブレークできるか注目したい。

東京スポーツ

【関連記事】