Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

なぜ日産だけが話題になる! スカイラインの影で泣いた「GT-R」の名を持つクルマ6選

配信

Auto Messe Web

「GT-R」以外の“GT-R”もけっこう存在する

「GT」=グランツーリスモは、スポーティーかつラグジュアリーな長距離ドライブに適したクルマ。そうしたひとつのカテゴリーを示す「GT」に、レーシングなイメージ=「R」をプラスした『GT-R』というネーミングは、本来それほど珍しくない車名なはずだ。 いすゞにも存在したGTR【画像】  日本では歴代のスカイラインGT-Rとその血統である日産GT-R(R35)の印象が余りにも強く、「GT-R」=スカイラインシリーズのとくにハイパフォーマンスな特別なグレード、という位置づけが定着している。  ちなみに国産車で最初の“GT”は、1964年に登場した「いすゞベレットGT」。通称ベレGにDOHCエンジンを積んだ高性能バージョンが「GTR」で、1969年11月に追加されるが、初代スカイラインGT-R(PGC10 ハコスカ)は、1969年2月に発売。じつは「GT」も発売はスカイラインが一ヶ月早かったが、発表はベレットが先だった。  これら日産といすゞのGT-Rは別として、他社にも「GT-R」の名を持つクルマはいくつか存在する。今回は、それらのGT-Rをいくつかピックアップしてみよう。

1)トヨタ カリーナGT-R(AA63)

 当時のコロナのシャシーを流用した3代目カリーナに、AE86と同じ4A-Gエンジンを積んだスポーティな4ドアとして1982年に発売されたのがカリーナGT-R。日本で初めてのDOHCターボエンジン(3T-GTEU)を積んだ、「カリーナGT-T」と「カリーナGT-TR」も同時にデビューしている。  駆動方式はFRで、モータースポーツなどでは活躍しなかったが、AE86の4ドアセダン版という扱いで、のちにドリフト練習車として、カリーナGT-Rの乗る人も多かった。

2)マツダ RX-7 GT-R(FC3S)

 マツダの2代目RX-7=FC3Sのベーシックグレードに「GT-R」という名前が与えられていた。歴代スカイラインGT-Rとマツダのロータリースポーツは、ある意味ライバル関係だったが、FC3Sがデビューした1985年は、スカイラインは7代目=R31が発売された年。スカイラインGT-Rの復活は4年も先だったので、FC3Sに「GT-R」というグレードがあっても、違和感もなければ、特別視することもなかった。  FC3Sには「GT-R」の他に、アルミボンネットとLSD(ビスカス)のついた「GT-X」というグレードがあったので、走りの本命としては「GT-X」に注目が集まっていた。

【関連記事】