Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

キャメロン・ディアス、女優引退で安らぎを得る。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
VOGUE JAPAN

2014年公開の『ANNIE/アニー』を最後に映画に出演していないキャメロン・ディアスは、女優を引退したことで自らの人生の失っていた部分を取り戻した気がするそうだ。グウィネス・パルトロウのYouTube番組『In goop Health』に出演した際、女優業から退いた時どう感じたかと質問され、「心の安らぎ。魂の安らぎね。やっと私自身のケアをするようになったのだから」と答えた。 「あのレベルで働き続け、公の場にいるのは過酷なこと。女優としてプレスインタビューなど表に出て注目を浴びていると、いかなる時も多くのエネルギーが自分に向けられる。圧倒されるほどの関心のエネルギーが、私に向けられるんだもの」「自分の人生をよく見直してみたの。すると、映画を作ることで、完璧にそれが正当化されていることが分かったわ。彼らは私を所有しているのだから。何か月間も毎日12時間そこにいる。それ以外のことをする時間なんてない。私は人生の一部を手渡していたことに気がついたの。だから、それを取り戻す必要があった」 現在47歳のキャメロンは今年の1月、グッド・シャーロットのフロントマンである夫、ベンジー・マッデンとの間に娘ラディックスちゃんが誕生したことを発表し、子育てに専念している。だが、映画界復帰の可能性は否定しておらず、メイクアップアーティストのグッチ・ウェストマンによるYouTube番組『Makeup & Friends』で、「明らかに皆あなたが女優に復帰してほしいって思っている」と言われ「『絶対しない』とは言わないわ。私は何に対しても、完全否定するような人間じゃないの」と語っていた。 また7月には実業家のキャサリン・パワーとタッグを組み、アヴァロン(Avaline)という名のオーガニックワインのブランドをローンチ。キャメロンはインスタグラムにこう綴っていた。「Avalineを紹介するわ! すべては2年前、ロサンゼルスの美しい午後、キャサリン・パワーと裏庭で始まった。私たちは自分の体に取り入れているものを全て知っていたのに、じゃあワインは?と思ったわけ」 「その答えを探しす中、クリーンなワインコレクションAvalineが生まれるに至った。私はいつも健康の秘訣はバランスだと思ってる。自然の恵み豊かで、たくさんの望まれない成分が非公開で配合されることをなしとするクリーンワインを作ることは、私がワインを楽しむ時のバランスにつながる。これ以上ないほどピュアで、人生の歓びを実感し、健康に対してリラックスなアプローチを取る人たちのためのワイン。リンクはプロフィール欄参照。乾杯!」

【関連記事】