Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

第4セットは錦織が制す、2試合連続の最終セットへ [テニス]

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
テニスマガジンONLINE

 今年最後のグランドスラム「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦9月27日~10月11日/クレーコート)の男子シングルス2回戦で、錦織圭(日清食品)がステファノ・トラバグリア(イタリア)と対戦。トラバグリアのリードで迎えた第4セットを錦織が制して4-6 6-2 6-7(7) 6-4とし、最終セットに持ち込んだ。 フレンチ・オープン2020|トーナメント表  両者は今回が初対戦。昨年7月に初めてトップ100入りした28歳のトラバグリアは、チャレンジャー大会4勝のすべてをクレーコートで挙げている。グランドスラム本戦はこれが9大会目で、ATPツアーでは昨年7月のウマグ(ATP250/クレーコート)でのベスト8が最高成績となっている。  ロラン・ギャロスに8年連続10回目の出場となる30歳の錦織は、3度のベスト8(2015年、17年、19年)がこれまでの最高成績。昨年は準々決勝で、ラファエル・ナダル(スペイン)に1-6 1-6 3-6で敗れていた。  今大会での錦織は、1回戦で第32シードのダニエル・エバンズ(イギリス)を1-6 6-1 7-6(3) 1-6 6-4で破って勝ち上がっていた。  8月17日にウイルス検査で陽性と診断されたことを公表した錦織は、3度目の検査で陰性になったが準備不足を理由にUSオープンを欠場する決断を下していた。錦織は3週間前のキッツビューエル(ATP250/クレーコート)で右肘の手術から約1年ぶりに復帰したが、3大会でプレーして1勝3敗の戦績で今大会を迎えている。  この試合の勝者は3回戦で、第2シードのナダルと対戦する。ナダルは2回戦で、マッケンジー・マクドナルド(アメリカ)を6-1 6-0 6-3で下しての勝ち上がり。(テニスマガジン)

【関連記事】