Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【医師に聞く】不妊の原因に!? 子宮内膜症ってどんな病気なの?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Medical DOC

婦人科検診などでよく耳にする「子宮内膜症」という病気。月経痛を起こすという話は耳にしますが、不妊の原因のひとつでもあるって本当!? 診断されたら妊娠するのは難しいの? 子宮内膜症について、楠原ウィメンズクリニックの楠原先生、教えてください! [この記事は、Medical DOC医療アドバイザーにより医療情報の信憑性について確認後に公開しております]

【この記事の監修医師】 楠原 浩二先生(楠原ウィメンズクリニック 院長) 群馬大学医学部卒業後、東京慈恵会医科大学附属病院の産婦人科に入局。同大学で不妊症の研究と診療に携わる。東京慈恵会医科大学産婦人科の助教授を経て、平成8年に東京都中央区に「楠原ウィメンズクリニック」を開院。不妊症、特に体外受精を中心とする診療を行い、これまでに6万人の不妊患者の診療にあたる。日本産科婦人科学会認定専門医、日本生殖医学会認定専門医の資格を有する。

激しい月経痛や排卵痛に加え、不妊の原因にも

編集部: 始めに子宮内膜症という病気について教えてください。 楠原先生: 子宮内膜症は、本来は子宮の中にある内膜が、卵巣や卵管など子宮以外の場所に広がり増殖・剥離を繰り返す病気です。子宮は子宮筋という筋肉と、その内側にある子宮内膜から成り立っているのですが、子宮内膜は定期的に剥がれ落ちて、月経血となって外に排出されます。しかし、子宮以外の場所で増殖した子宮内膜は排出することができず、炎症や痛み、癒着を起こしてしまうのです。 編集部: 病気が起きる原因はなんですか? 楠原先生: 明確なことはわかっていませんが、月経のときに逆流した月経血が骨盤内にくっつくことが原因と言われています。30~40代の女性に多い病気ですが、20代の人でも発生する可能性は大いにあります。 編集部: どのような症状が起こるのですか? 楠原先生: 一般的なのは、月経痛ですね。子宮内膜症は月経のたびに病気が進行するので、年毎に痛みが強くなる傾向にあります。また、排卵痛や性交痛、月経時以外の腹痛、排便痛など多岐に渡ります。排卵痛は多少の痛みや違和感を感じる人はいると思いますが、子宮内膜症の人は鎮痛剤が必要なほどの痛みを訴えることがあります。子宮と子宮の周りの臓器が子宮内膜症によりくっついたり、引っ張られたりしていると、体位によっては痛みを感じることがあります。 編集部: 痛みを伴ってくることが多いのですね。 楠原先生: そうですね。痛み以外にも月経中の下痢や軟便などの症状もあります。子宮の後ろにある直腸との間の隙間(ダグラス窩)に内膜症があると、直腸が刺激されて軟便や下痢になりがちです。また、子宮内膜症が子宮筋層内に入ると、過多月経を起こすことがあります。内膜の面積が広がり、月経量が増えるのです。そして、子宮内膜症は不妊症の原因にもなるのです。

【関連記事】