Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

鈴村健一、伝説のドラマ「東京ラブストーリー」を振り返る「街からOLが消えると言われたぐらいすごかった」

配信

TOKYO FM+

声優としても活躍中の鈴村健一(月~木曜)と俳優の山崎樹範(金曜)、フリーアナウンサーのハードキャッスル エリザベスがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。この記事では、5月25日(月)~5月29日(金)の放送から、ニュースを象徴する1つの数字にスポットを当てるコーナー「SUZUKI TODAY’S KEY NUMBER」で取り上げたトピックを紹介します。

◆3万人

観客動員数3万人を突破した話題のアニメーション映画「音楽」が、フランスのアヌシー国際アニメーション映画祭2020で、個性的かつ野心的な作品を対象とした「長編コントルシャン部門」に選出されました。 すでに3回鑑賞したという鈴村は、「これはすごい快挙!」と声を上げ、「いまのテレビアニメって30分にどれだけ情報量を入れるか、みたいなところがあるけど、(本作は)ず~っと淡々と(ストーリーが)進んで、凄まじく長い間があったりして独特の空気感。すごく面白かった~!」と絶賛していました。

◆10年前

以前、ベスト3総研でやっていた「ジュンク堂書店 池袋本店の売れ筋ランキング」が、月末火曜の同コーナーにて月イチで復活することが決定! 5月は、10年前に発売された安宅和人さんの「イシューからはじめよ」(英治出版)を紹介しました。 担当者によると、「思考法の本は山ほど出ていますが、たくさんのフレームワークを知っていても、必要のない問題解決に時間を割いていては、生産性は上がりません。この本は、そもそもの問題設定を見極め、そこから最短で成果を出すための方法を解説した1冊」だそうで、読んだ人の評判も高いとか。 鈴村は、「人間って、何を課題(イシュー)とするかということを定めないと、目標に向かって進んでいかないですよね。会議や議論ってあるけど、何について議論しているのかわからなくなってしまうことがよくあるけど、自分でイシューというものをどうやって定めるかということと向き合わないと、面白いことは生まれないかもしれない。逆にそれが定まれば前に進んでいくので、人生が楽しくなるでしょうね」と話していました。

【関連記事】