Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナ「最悪のシナリオ」にBリーグはどう挑む? 経営基盤の脆弱なクラブも「破綻させない」

配信

REAL SPORTS

新型コロナウイルスによる影響でスポーツ界は先の見えない危機を迎えている。試合延期、無観客試合をいつまで続けるべきか? 再開を予定している時点で新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかかったといえる状況を迎えている保証はない。プロ野球やJリーグに比べ、より切実な危機が予想されるBリーグはいかにしてこの難局に立ち向かうのか? (文・写真=大島和人)

次々と発表される試合延期、無観客試合

心の準備は少しずつできていたが、いざその報を目にするとショックは少なからずある。2月25日、26日とスポーツ界では試合開催について残念な発表が相次いだ。 各スポーツ団体の発表に先立つ24日、厚生労働省の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議で「これから1~2週間が急速な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際」との見解が提示されている。そこから2日で事態が一気に動いた。 25日の夕方にはJリーグが理事会を招集し、2月28日(金)から3月15日(日)に開催する予定だった公式戦の延期を決定。26日にもジャパンラグビートップリーグ、Bリーグの試合延期が決まっている。 プロ野球も3月20日(金)の開幕を前に、15日(日)までの2軍も含めたオープン戦を無観客で行うと発表した。またバレーボールのVプレミアリーグも29日(土)の男子ファイナルステージ決勝が無観客試合となる。女子バスケのWリーグはレギュラーシーズンを打ち切り、3月24日(火)からのプレーオフ開幕に備える。

全クラブが破綻を起こさず存続できる道の模索

男子バスケのBリーグは特に難しい対応を強いられることになった。 Jリーグも東京五輪期間の中断など、シビアな条件はある。ただし公式戦はまだ始まったばかりで、J1なら12月の最終節まで日程的な余裕があった。ラグビーは2節が中止になっているものの、予備日で対応し、代替会場も確保済み。シーズンが大詰めという条件はバスケと同じだが、プロリーグではない。したがってクラブが損失リスクを負うBリーグとは前提が大きく違う。 Bリーグは26日夕方の記者会見で、B1の54試合、B2の45試合を延期すると発表した。対象は2月28日(金)から3月11日(水)までに予定されていたレギュラーシーズン合計99試合。再開の予定は最短で3月14日(土)だ。 大河正明チェアマンは決定の背景をこう説明する。 「2月24日に行われた専門家会議で、この1~2週間が感染の広がる山場と発表されました。スポーツ庁からもスポーツ等のお客さんがたくさん集まるイベント、試合を中止ないしは延期、無観客のような形で行う指示もありました。それを受けて今回の決断に至りました」 選択肢は4つあったという。 1つ目は最善の水際対策をして公式戦を続行する案だった。しかし昨今の情勢、行政の見解や要請を受けてこの選択肢は消えた。2つ目は全面的なシーズンの中止だが、クラブ経営への影響が甚大となる。 25日、26日にBリーグの経営者による実行委員会がウェブを使って実施された。議論の中で選択肢は残る2つ、「延期」「無観客」に絞られた。 チェアマンは振り返る。 「シーズンも終盤に差し掛かっているので、(リーグ戦を)延期にするとポストシーズンの日程がタイトになります。しかしずっと無観客試合が続いた場合、3年以上(各クラブの)築き上げてきたものが吹き飛ぶくらいの影響が出てしまう。B1・B2の36クラブが1クラブも資金繰りの破綻を起こさず存続できること。それが最終的な私の判断目線です。全クラブが60試合のリーグ戦を無事に終了させる可能性がある道を選択した」

【関連記事】