Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

エイベックス所属アイドルが一堂に集結、矢口真里はモーニング娘。の名曲を披露

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
エンタメNEXT

エイベックス所属のアイドルグループが一堂に会する合同無観客ライブ「エイベのアイドル夏祭り~哲、この部屋。無観客ライブ配信~」が、7月4日(土)に開催された。 【写真】熱狂のステージを繰り広げたアイドルたちのライブ写真 動画配信サービス・OPENREC.tvで有料生配信された今ライブは、SKE48のユニット・カミングフレーバー、SUPER☆GiRLS、たこやきレインボー、超ときめき▽宣伝部、東京女子流、わーすたといったエイベックス所属グループに加え、ABEMA『矢口真里の火曜The NIGHT』との連動企画による選抜ユニット・ヤサマオシが出演。出演者たちはライブ中に特別なパフォーマンスを織り交ぜる“公約”をそれぞれ掲げ、新型コロナウイルスの影響で従来通りの活動ができない状況が続く中、ファンに向けて生き生きとしたステージを届けた。 トップバッターは4月にときめき▽宣伝部から改名した超ときめき▽宣伝部が務めた。改名と同時に“新入部員”の菅田愛貴を迎えたとき宣だが、今回は菅田を除く5人で新体制前のラストステージに臨み、公約通り『恋のシェイプアップ▽』を間奏のエクササイズパートを長尺にした特別バージョンでパフォーマンスした。 2番手のわーすたはデニム生地の新衣装に身を包み、8月12日発売のニューシングルよりスカテイストの表題曲『サンデー!サンシャイン!』を初披露。東京女子流は中江友梨の「みんなの未来が少しでも楽しみなものになったらいいなという思いを込めて歌わせていただきます」という言葉を合図に『キミ二ヲクル』を歌ったほか、『おんなじキモチ』の曲中に踊りながらスプレーでメンバー同士を除菌するという“公約”を果たして視聴者を楽しませた。

矢口真里率いるヤサマオシはモー娘。の名曲を披露

続いてステージに登場したのは矢口真里、斉藤真木子(SKE48)、MAINA(大阪☆春夏秋冬)、沖口優奈(マジカル・パンチライン)、白幡いちほ(劇場版ゴキゲン帝国Ω)の5人からなり、メンバーの頭文字を取って命名されたヤサマオシ。『LOVEマシーン』をモーニング娘。本家の衣装でパフォーマンスした。「矢口真里の火曜The NIGHT」でアシスタントを務める岡野陽一と共ににぎやかなMCを繰り広げた5人は、さらに『シャボン玉』『恋愛レボリューション21』とモー娘。のヒット曲カバーを連発。矢口は「リハーサルで歳を感じましたよ」と吐露しながらも、ほかのメンバーと共にキレのあるダンスを踊りきった。 この熱気のままパフォーマンスを披露したのは、6月に結成10周年を迎えたばかりのSUPER☆GiRLS。8月5日(水)にリリースするニューシングルで、「どんな困難があっても、どんな悲しみがあっても、すべての人は未来を信じて歩いていける」という思いを込めたメッセージソング『明日を信じてみたいって思えるよ』をエネルギッシュに歌った。たこやきレインボーは矢口へのリスペクトを込めた“Y”の文字を表すポーズを振り付けの中に織り交ぜることを宣言し、歌詞にSF用語が散りばめられた7月8日(水)発売のニューシングル『恋のダンジョンUME』などを笑顔で披露。 トリを務めるカミングフレーバーは「再会を待っていてくださる大切なファンの皆さんにもっともっといろんな景色を見せたいと今日実感しました」という語りから、オリジナル曲『君のいない世界』をしっかりと歌い上げた。そして最後は全出演者がステージ上にそろい、スペシャルゲストのDJ KOO(TRF)を迎えてTRFのナンバーでコラボレーション。DJ KOOによるDJプレイやラップを交えながら『BOY MEETS GIRL』『EZ DO DANCE』といった往年のヒット曲で大いに盛り上がり、画面越しで視聴者とひとつになった。 ※▽の正式表記はハートマーク

ENTAME next編集部

【関連記事】