Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【歴史上の人物を四柱推命で鑑定!第75回】 ~徳川家康・秀忠親子×真田幸村~冬~夏の「大坂の陣」では敵として戦った関係だが、じつは人としての相性は抜群だった!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BEST TIMES

 今回は、徳川幕府を開いた徳川家康と、その後を継いだ2代目将軍・徳川秀忠、そしてその徳川家を脅かした、日本一の兵・真田幸村の相性を四柱推命鑑定する。徳川父子と幸村は、どう考えても犬猿の仲のように思えるが、鑑定の結果、3人は素晴らしい相性であり、固い絆で結ばれていることが明らかになった。 この記事の写真はこちら ※徳川家康、徳川秀忠、真田幸村それぞれの鑑定結果、家康と秀忠の相性は、Back Numberをご覧ください。   まずは3人の関係性を図で示す。家康と秀忠の相性のよさは以前ここでも説明したが、なんと! 家康と幸村の相性は90%、秀忠と幸村の相性は100%と、抜群の相性であるばかりか、幸村は家康と秀忠にとって守護神であることが明らかになった。   順番にその関係性を見て行こう。 〇家康と幸村の相性90%!  相性は0~100%で表されるが、70%以上が一般に相性がいいと言われる。その中で、家康と幸村の相性は90%と抜群であった。家康は他の武将に比べて、運勢エネルギーが低いこともあり、なかなか相性のいい武将がいない。そんな中、最も相性のよかった武将は、武田信玄で、90%だったが、他の武将に70%以上の相性を持つ者はいなかった。なかなか理解されなかったのだろう。そんな中の幸村の90%だ。これには筆者も驚いた。 家康と幸村の関係を説明する前に、家康と幸村の父・昌幸の因縁について考える必要があろう。そもそも、真田家は信濃の小さな大名に過ぎなかった。真田の領地は、上杉、徳川、北条に囲まれており、昌幸は、徳川・上杉・豊臣と仕える相手を変えながら生き残りを図った。昌幸が徳川に仕えていた当時、真田の領地である沼田を譲渡するよう迫られ、これに腹を立てた昌幸は、家康を見限り上杉景勝に就くことにした。昌幸の寝返りを知った家康は、真田に兵を差し向ける。1585年、第一次上田合戦である。徳川軍7000に対し、真田軍はわずか2000。籠城戦を選択した昌幸は、徳川軍が押し寄せる中、いかにも簡単に開城した。門が開いたことによって油断した徳川軍。昌幸はそこにつけこみ、なだれ込んできた徳川軍を弓矢等で一斉に狙い撃った。これによって、徳川軍は総崩れ。1300人の死者を出す大打撃を与えた。徳川と真田の因縁はここから始まっている。さらに遡ると、家康が大敗しトラウマになったという、三方ヶ原の戦いに、武田軍として昌幸が参戦しており、これに端を発しているとも言える。それにしても、家康は因縁のある武田信玄とも相性が90%だというから面白い。こうなると、家康と昌幸の相性も気になるところだが、昌幸の生年月日がわからないため、残念ながら叶わない。なお、第一次上田合戦に幸村が参戦していたかどうかについては、学者でも意見が分かれるところである。当時、上杉家の人質となっていた幸村であるが、これを初陣だったとする説もある。 後に説明する第二次上田合戦と合わせて、徳川軍に対して勝利を重ねてきた真田家。しかし、関ヶ原の本戦で敗れたため、罪人として和歌山県の九度山で隠居生活を送ることになる。昌幸はこの地で「もう一度徳川と戦いたかった」と言って亡くなったとか。相当に深い因縁である。そんな昌幸を見てきた幸村。46歳にして、大坂の陣に豊臣方として参戦し、徳川軍と対決する。1614年、大坂冬の陣において、幸村は味方に阻まれながらも最善の策を練った。大坂城は3方を川で囲まれていたため、敵が攻めてくるとすれば南からと踏んでいた。幸村は、大坂城の弱点である南側に真田丸と言われる出城を作り、最前線で徳川軍を迎え撃った。これにより、徳川軍に大打撃を与え、死者は15000人に上ったという。豊臣方が有利になったが、幸村の反対にも関わらず豊臣方は家康の和睦交渉に応じ、戦は終結。大坂城の堀が埋められ、苦境に立たされて行われたのが、1615年大坂夏の陣。豊臣軍5万に対して徳川軍15万。徳川軍は3日分の食糧しか用意しておらず、すっかりこの戦をなめ切っていた。そんな中、全軍対決において、幸村はとんでもない作戦に打って出る。家康の本陣に突入して首を狙うのみと、3000の兵で本陣を目指した。その距離4キロ。何万騎もの敵をかわして、家康をギリギリまで追い詰めたという。一説によると、家康は敗北を覚悟し「腹を切る」と言ったのだとか。幸村の最期の活躍には、徳川方の武将からも称賛の声が上がった。 こんな因縁だらけの家康と幸村の相性が90%とは…。大坂冬の陣の最中、家康は幸村に対し、何度も寝返るように誘ってきたという。「徳川方に寝返れば10万石を与える」「信濃一国を与える」等、それはそれは熱心な勧誘だったようだ。これは豊臣方との戦を有利に進めることを目的としたものだろうが、幸村に会ってみたい、家臣にしたいという思いもどこかにあったのだろう。   〇秀忠と幸村の相性100%!  秀忠と幸村の関係と言うと、関ヶ原の合戦の前哨戦として、上田で繰り広げられた第二次上田征伐が有名だ。秀忠が38,000の兵を率いて関ヶ原に向かう途中、上田城の真田軍に降伏を促した。それに対し、昌幸は「明け渡しましょう。ただ、城の掃除をしたいので少し待ってもらいたい」と返事をする。しかし、一週間経っても何の音沙汰のない。これは昌幸がついたウソで、時間を稼いで籠城戦を仕掛けたのである。これに腹を立てて上田城を攻める秀忠軍を、真田軍は狭くなった入り口におびき寄せた。その先頭に立っていたのは幸村。38,000の兵を相手に2,500の兵で立ち向かい、見事に勝利を収めた。上田にくぎ付けにされた徳川勢は、関ヶ原での本決戦に参戦できなかったという。 ここからは筆者の考える単なるロマン、たられば話である。第二次上田征伐は、秀忠にとって汚点とされる戦であり、今でも秀忠の戦下手を伝えるエピソードとして語られている。秀忠にとって非常に不名誉であろうが、今改めて両者の最高の関係を見てみると、戦下手の秀忠は、関ヶ原に行けたとしても相当な痛手を負ったことだろう。もしかしたら、秀忠は幸村のよって幸運にも上田に踏み留めてもらったのかもしれないと思う。 〇幸村は、家康、秀忠の守護神 守護神とは、自分の足りない部分を補ってくれる存在。自分では気付かない部分を教えてくれたり、新たな才能に気づかせてくれたりする。つまり、守護神は自分の世界を広げるカギとなる存在。守護神表を用いて導き出したところ、幸村は、家康と秀忠にとって、そんな重要な存在であったことが明らかになった。 これまで、様々な歴史上の人物の相性鑑定をしてきたが、例えば、武田信玄と上杉謙信の相性が100%、吉田松陰と井伊直弼の相性が100%というように、世間で犬猿の仲と考えられる関係性ほど、意外にも相性がいいことが明らかになっている。筆者はこれは仲がいいこと故の縁、つまり因縁と考える。「好き」の反対をご存知だろうか? 多くの人が「嫌い」だと答えるだろうが、正解は「無関心」である。相手に関心があるからこそ、好き、あるいは嫌いという価値づけが生まれるのだ。また、「好きと嫌いは紙一重」という言葉も聞かれるが、好きだからこそ自分の思い通りにならないことに腹が立ち、嫌いという感情が生まれるのである。好きあって結婚した夫婦が、お互い大嫌いになって罵り合う…そんな芸能人達をよく見るが、徳川父子と幸村の関係性についても同じ…とは言わないまでも、感情的には似たものがあるのではないだろうか。 因縁であれなんであれ、今世でご縁のある人は過去でも未来でもご縁があると聞く。来世では、3人が仲良く手を取り合い、何か1つのことにエネルギーを注いでもらえることを切に願う。 ■四柱推命とは?  古代中国で生まれた「過去、現在、未来」を予見する運命学のひとつで、陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)をもとに、人が生まれながらにして持っている性格、能力、素質を理解し、その人の努力や経験で変わる後天的な運命までも予測することができる。 具体的には、生まれた日(生まれた年・月・日・時間)をもとに命式表(めいしきひょう)を作成し占っていく。なお、ここでは生まれた時間は鑑定に含めていない。 「国史大辞典」に記載されている生年月日を、「和洋暦換算事典」を用いて現行暦に換算し鑑定している。 ■用語説明 日柱の干支:その人の本質を表す重要な部分 主星(しゅせい):月柱の蔵干通変星で、その人を表す最も重要な星。主に仕事運を表す。 自星(じせい):日柱の蔵干通変星で、その人のプライベートな部分の性格を表す重要な星。  

文/妃萃(本名:油川さゆり)

【関連記事】