Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

イケメン首相の妻はおしゃれ上手!

配信

25ansオンライン

世界各国のファーストレディやプレジデントファミリーに焦点を当て、そのファッションを解剖します。今回は、カナダのイケメン首相、ジャスティン・トルドーの妻、ソフィー・グレゴワ。3人の子を持つ母であり、ファーストレディとして世界を軽やかに飛び回る彼女のエレガント&モードなファッションを追跡。 【写真】米大統領夫人メラニア・トランプのファーストレディ全ルック

ソフィー・グレゴワってどんな人!?

1975年4月24日生まれ。株式ブローカーの父、看護師をしていた母のもと、ケベック州モントリオールで誕生しました。子どものころは、スポーツが好きな活発な少女だったようですが、10代で過食症に苦しんだ過去も公表しています。    モントリオール大学でコミュニケーションの学士を取得後、広告制作会社でキャリアをスタートしたものの、テレビ業界での就職を目指し、専門学校へ入学。その後、ニュースルームでの速報担当、テレビやラジオのレポーター、そして司会者と、着実にキャリアアップしました。過去にはモデル、ヨガ・トレーナーとして活躍するなど、才能も多彩! ファーストレディになった今では、女性や子どもの問題を中心に、チャリティ活動に力を入れています。

トルドー首相との出会いは!?

なんと、トルドー首相とソフィーが出会ったのは子どものころ。首相の弟とソフィーが同級生で、彼女もトルドー家に出入りしていたのだとか。2003年にふたりはあるチャリティイベントで再会! 数か月後に交際へと発展、2005年に結婚しています。    2007年には長男のグザヴィエくん、2009年に長女のエラ=グレース・マルグリットちゃん、2014年には次男のアドリアンが誕生。結婚15周年を迎えた今でも、夫婦仲はとても良好のようです。

ボウタイデザインで好感度アップ

2019年9月、トルドー首相と共にキャッチされたこちらのショットからファッションチェック! チャーミングな花柄スカートは、きちんと感あるボウタイデザインが好感度高め。ドレスとカラーリンクした鮮やかなブルーのパンプスが映えて。

華やぎアップにストールを活用!

2019年10月の選挙期間中、キャンペーンバスにランチを運ぶ姿がキャッチされたソフィー。この日は、白いカットソー×デニムのベーシックカジュアルに、プリントストールをプラス。どんなスタイルでも華やかなエッセンスを忘れないのは、元キャスターの彼女だからこそ。

オケージョンシーンで真似したい正統派コーデ

メラニア夫人と共に収まったショットでは、ネイビー×ホワイトのオーセンティックなドレスルックを披露。かっちりとしたバッグ&バイカラーのパンプスで上品に決めたコーデは、オケージョンシーンにとても参考になりそう。

NAKO KANEGAE

【関連記事】