Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

’20 カワサキ Ninja ZX-25Rシャーシ解説【レースを視野に入れた設計】

配信

WEBヤングマシン

倒立+モノブロックの足まわり

脳天を貫くフォーミュラサウンド、2万rpmに迫る超高回転域…。長らく途絶えていたハイメカの極致、250cc直列4気筒モデル「Ninja ZX-25R」がカワサキの手で現代に甦る。スタイリング編/エンジン編に引き続き、本ページでは大型スーパースポーツ並みのアイテムを奢った車体まわりについて解説する。

SFF-BP+ラジアルマウントキャリパー投入。レース参戦を睨んだ、余力を秘めた車体設計

カワサキ Ninja ZX-25Rの車体まわりについて、その白眉はクラス唯一となるSFF‐BP(ビッグピストン)とラジアルマウント式モノブロックキャリパーだ。ともに大型SSに採用される装備で、一歩進んだスポーツ走行を可能にするアイテム。ディスクはシングルながらダブル化も容易そうだ。 フレームは、近年のカワサキが得意としている高張力スチールパイプを用いたトレリス構造。Ninja250も同様だが、ZX-25Rではエンジンハンガー~メインフレームを二重のパイプとした。さらにスイングアームは、ホンダCBRなどと同様、フレームにマウントした高剛性タイプ。プレス構造のスチール製ながらアジャストナットでピボットを締結し、高い精度を追求している。リヤショックはZX-10Rでおなじみの水平リンク式。大容量のマフラー膨張室を実現し、マスの集中化、適切なしなりなどの効果を生む。それら各部にはレースを視野に入れた設計が窺える。

〈【応答性優秀な倒立フォーク】ZX-6Rも採用する倒立フロントフォーク・ショーワ製SFF-BPを獲得。クラス初のアイテムで、大型ピストンによって沈み込み初期のコントロール性に優れる。アンダーブラケットは高剛性なボルト2本留め。片やフロントアクスルのクランプボルトは1本で、適度に剛性を抜いている?〉

〈フロントフォークは非調整式の模様で、径は不明。トップキャップには「SHOWA SFF-BP」の文字が入る〉

〈【クラス最強のブレーキ】(左)1ピース構造のモノブロックキャリパーは、Z1000系と酷似した対向4ポット。これをタイヤの回転方向に配したボルトで締結するラジアルマウントで装着。高い制動力と操作性が予想される。同クラスではKTMのRC250がラジアルマウントだが、モノブロックではない。(右)ホイール左側のハブにはローターをネジ留めできそうなボス部が存在。レーサー仕様またはマイチェンでのWディスク化を想定したものか?〉

【関連記事】