Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【DeNA】ドラフト1位でポスト山崎康晃リストアップ…慶大の155キロ右腕・木沢尚文

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
スポーツ報知

 DeNAがドラフト1位候補として慶大の155キロ右腕・木沢尚文投手(22)をリストアップしていることが14日、分かった。 【順位表】DeNA、反撃はここからだ!…セ・パ順位表  ポスト康晃に、慶大の剛腕が浮上した。DeNAがドラフト1位候補として木沢をリストアップしていることが分かった。最速155キロを誇る直球に、スプリット、カットボールを織り交ぜるパワーピッチャーで、奪三振率の高さが最大の特長だ。  不動のクローザーとして活躍してきた山崎は昨オフ、将来的なメジャー挑戦を球団側に直訴している。入団6年目の今季は、長年の勤続疲労からか調子を大きく落とし、31登板で0勝3敗8ホールド、6セーブ、防御率5・90。中継ぎに配置転換されている。球団幹部は「クローザーを任せられる投手が欲しい」と明かした。  木沢は8月に行われた東京六大学春季リーグ戦では、先発で2勝をマーク。立大戦で7回16Kの快投を見せるなど先発としての適性をアピールし、1位候補に浮上した。だが、DeNAは12日の東海大とのオープン戦(慶大グラウンド)を3人態勢で視察した際、河原スカウティングディレクターが「先発としても十分魅力だけど、彼の能力を最も生かせるのはリリーフだと思う」と発言。クローザーとしての適性を見いだしているようだ。  チームは現在、首位・巨人に11ゲーム差の3位。ブルペンの補充だけでなく、筒香が抜けた打線の強化も欠かせない。今後のチームの戦いぶりや他球団の動向にも注視しながら、慎重にドラフト戦術を固めていく。  ◆木沢 尚文(きざわ・なおふみ)1998年4月25日、千葉・船橋市生まれ。22歳。小6時にロッテジュニア入りし、12球団ジュニアトーナメントで優勝。慶応高では甲子園出場はなく、3年夏の県大会準優勝が最高成績。慶大では2年春にリーグ戦デビューし、今春は3登板で2勝0敗、防御率2・45。リーグ戦通算16登板で5勝1敗、防御率2・86。183センチ、85キロ。右投右打。

報知新聞社

【関連記事】