Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

デジタル化が加速?新型コロナでアクティブシニアの行動はどう変わった?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファイナンシャルフィールド

アクティブシニアという言葉をご存じですか? 定年退職後や還暦後も、趣味やさまざまな活動に意欲的で元気なシニア層のことです。「一般社団法人日本アクティブシニア協会」は、アクティブシニアを前期高齢者(65~75歳)と定義しています。 総務省統計局によると、平成29年の65歳以上高齢者の就業者数は、14年連続で前年に比べ増加し、807万人と過去最多となっています。 主要国においても日本の高齢者の就業率は23.0%となっており、主要国の中で最も高い水準にあります(※1)。ここから、定年退職後も仕事に就いて活躍しているアクティブシニアが多いのではないかと推測されます。 そんな元気なアクティブシニアですが、昨今は新型コロナウイルスの流行で外出自粛を余儀なくされ、活動の範囲が狭められているのではないでしょうか。 そこで、株式会社博報堂(本社:東京都港区)は、株式会社オースタンス(本社:東京都新宿区)と共同で、SNSコミュニティサイト「趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)」の会員を対象に、新型コロナウイルスの流行が、アクティブシニアにどのような影響を及ぼしているかについて調査を行いました(※2)。 アクティブシニアの行動はどう変わったのか、結果を見てみましょう。

8割がネットで新型コロナの情報収集。日常生活で3密を避けることを気にしている

新型コロナウイルスにする情報については、アクティブシニアの82.7%がインターネットから情報収集をしていることがわかりました。テレビ(93.3%)が最も多いですが、インターネットはそれに次ぐメディアとなり、60代以上の人においてもインターネットを駆使していることがわかります。 日常生活で気を付けていることを聞くと、1位は「3密(密閉空間、密集場所、密接会話)を満たす場所を避ける」で、アクティブシニアの79.9%を占めました。男性(77.2%)よりも女性(87.2%)の方が高く、女性の方がより3密を避け、コロナウイルスに感染しないよう気を付けていることがわかりました。

【関連記事】