Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

藤井聡太二冠が記者会見「将棋界を代表する自覚が必要」「対局の時に海鮮丼は好手」と硬軟織り交ぜる名回答/インタビュー全文

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 将棋の王位戦七番勝負の第4局が8月19、20日に福岡県福岡市「大濠公園能楽堂」で行われ、藤井聡太棋聖(18)が木村一基王位(47)に勝利、シリーズ4連勝で最年少での二冠・八段昇段を決めた。またしても将棋史に新たな記録を刻んだ藤井“二冠”は、対局後に記者会見に出席。将棋に関することには慎重に言葉を選びつつ、時折ユーモアを交えるインタビュー巧者ぶりも見せた。インタビュー全文は以下のとおり。 【動画】関係者に衝撃を与えた封じ手「8七同飛成」 -どんな七番勝負だった  自分にとっては持ち時間8時間の2日制の対局というのは,自分にとっては今回の王位戦七番勝負が初めてだったんですが、その中で一手一手自分なりにしっかり考えて指せたのかなと思います。一方で、木村先生の方にこちらが気づいていないような好手を指される場面も多くあったので、そのあたりは課題を感じた部分もあったかなと感じています。 -シリーズ前に作戦もいろいろ考えたいと話していた  戦型についても、なるべく番勝負ですので、いろいろな戦型で指せればと思っていました。 -木村王位の印象について  こちらは初めてでわからないことも多かったんですが、その中で木村先生の立ち居振る舞いでも勉強になることが多かったので、今後に活かしていきたいと思います。 -予選から勝ち上がって全勝でタイトル奪取  これまで王位戦は、予選で敗退してしまっていたので、今期はまず王位リーグに入ることを一つの目標にしていたんですが、王位リーグに入ることができて、羽生(善治)先生などとの対戦もあって、挑決では永瀬(拓矢)二冠とも対戦ができて、いい経験ができたのかなと感じています。 -王位戦、棋聖戦を並行して戦った2020年の夏  今年は棋聖戦と王位戦、2つの番勝負に出ることができて、自分にとっても初めてのことも多かったんですが、その中で盤上、盤外どちらでも得難い経験ができたのかなと感じています。 -今年の目覚ましい活躍の要因は  今年は新型コロナウイルスの影響で、2カ月弱対局がないという期間もあったんですが、その中で普段以上に、じっくり将棋に取り組めた面もありますし、対局が再開してから渡辺(明)先生、木村先生、永瀬先生といったトップ棋士の方と多く対戦できて、自分にとっては成長の糧になっているかなと思います。 -25歳がピークと話していた  強くなるという目標はどこまでいっても変わらないと思うので、今回の七番勝負でも非常に勉強になったところがいろいろあると思うので、成長につなげていきたいと思います。 -最年少二冠と八段昇段について  タイトル戦の番勝負自体、経験がなかったので、二冠はなかなか実感がわいてこないところがあるんですが…。そういった立場になって、一層精進して、いい将棋をお見せできるように頑張っていきたいとい思いがあります。

【関連記事】